幼稚園や保育園のお子さんにおすすめ脱毛法

脱毛というと早くても小学生からの方がいいんじゃない?と思うお母さんも多いかもしれませんが、早い子供では3歳から脱毛をしている子供もいます。

決して幼稚園や保育園だからといって早すぎるというわけでもありません。

そんな幼稚園や保育園の子供にもおすすめの脱毛法についてご紹介します。

3歳でも子供のムダ毛が気になる

子供のムダ毛はやはり小さい年齢、3歳でも気になります。

生まれたときから背中には特に、産毛が小さいときはびっしりと生えていることが多いです。

成長するにつれて、徐々に薄くなっていくことが多いですが、そのまま背中の毛などが濃いまま成長することもよくあることです。

小さい子供でもお母さんは子供のムダ毛が結構気にしているという意見が多いのです。

小さい子供でもムダ毛が気になるお母さんの意見をご紹介します。

そのうち薄くなるとは言われたけど、、、

生まれたときから背中の産毛とか腕の産毛が気になっていたものの、周囲には生まれたばかりだから仕方がない、徐々に薄くなるから大丈夫という風にいわれていました。

でも幼稚園に入園してもいっこうに薄くなる気配もありません。本人はもちろん、気にする年頃ではないけど、他のママ友とかでこっそり陰で言われているのが気になっています。

プールや肌の露出のたびに気になる

暑い季節になって、子供には嬉しいプール開きがありました。水着を準備して、とても楽しそうなのですが、やっぱり濡れたときにタオルで服たびに結構、毛深いと幼稚園の先生に思われてなとちょっと心配していたりします。

夏は露出の多いヒラヒラしたかわいい服を着せたりするのですが、特に肩の部分のムダ毛が全然薄くならないので、このままなのかなと感じています。

幼稚園や保育園の子供のムダ毛処理はした方がいい?

小さい子供をもつお母さんたちもムダ毛が気になる場所はそれぞれですが、やはり気になるという意見が結構多いです。ではムダ毛が気になったときはムダ毛処理はした方がいいのでしょうか?

カミソリや毛抜きでするならしないほうがいい!

子供のムダ毛が気になりすぎて、カミソリや毛抜きをつかってムダ毛処理をしてしまうお母さんが中にはいます。

ですが、もし、カミソリや毛抜きを使ってムダ毛処理をするのであれば、絶対に何もしない方がいいです。

特に幼稚園や保育園の年齢の子供の肌は小学生よりも敏感です。

肌のバリア機能も未熟ですので、カミソリ負けから、広範囲に炎症を起こしてしまう可能性もあります。

毛抜きも痛みが伴うので、子供にとってトラウマになってしまうこともあります。

気にしてムダ毛処理をしたい気持ちはわからなくもないですが、カミソリや毛抜きを使ったムダ毛処理はやめておきましょう。

基本的にはしなくてもいいけど、、、

自宅でできるムダ毛処理は子供の肌トラブルを考えると、ないというのが一般的です。

子供のムダ毛は徐々に薄くなっていくので、基本的には、何もしない方がいいでしょう。

ただ、やはり小さい子供のときムダ毛が多く、そのまま薄くなる子供もいますが、そのままの場合の子供も多いです。

基本的にはムダ毛処理はしない方がいいですが、やはり、女の子だと気になってしまうのが、ママの心理だと思います。

子供はもちろん、お母さんが気になるなら脱毛はすべき

小さいうちはあまり、子供自体がムダ毛を気にするということはないですが、それでも、子供の中には特に幼稚園の年長さんにもなると、ファッションなどを意識してムダ毛を気にする子供も増えてきます。

また、やはり小さい子供のムダ毛が一番気になるのはお母さんです。

周囲の目が気になって、でもカミソリや毛抜きを使ってムダ毛処理ができないとなると、気持ちがモヤモヤするようであれば、将来、子供のメリットになることが非常に多いので、お母さんが気になるのであれば、脱毛はすべきといえます。

ママ友にムダ毛多いねという一言がトラウマになることも

子供のムダ毛を気にするきっかけの1つにママ友のささいな言葉が挙げられます。

普通に子供同志を遊ばせていたときに、うちの子ムダ毛多くて~でも○○ちゃんも多いから大丈夫だね!なんて言われてそれまで全然気にしてなかったお母さんが急に気になってお母さんのトラウマになってしまうこともあります。

気にすると、ずっと気になる

やっかいなことに子供のムダ毛は気にするとずっと気になります。

気にしないようにしているつもりでも、やはり毎日、お母さんがお風呂にいれてあげるので、お子さんのことも大切ではありますが、お母さんが気になるのであれば、いろいろなメリット、デメリットを検討したうえで、脱毛をするのは、決して悪いことではなく、むしろ、子供の将来的にはメリットが非常に大きいのです。

一番幼稚園や保育園の子供におすすめの脱毛は?

幼稚園や保育園の子供に一番おすすめの脱毛法は肌の負担が小さい、光脱毛です。

光脱毛ってどういった脱毛法なのか、ご紹介します。

安全面でも脱毛サロンでの脱毛が一番!

安全面でも、脱毛サロンで受ける光脱毛がおすすめです。

子供にも脱毛を行っているサロンであれば、全く痛みのない脱毛を受けることも可能です。

しかも脱毛のプロがしっかりとお肌のことまで考えて施術を行ってくれるので、安心して小さい子供でも脱毛を受けることができます。

おすすめのサロンは?

テレビでも紹介された子供の脱毛を受けることができるサロン、「ディオーネ」がおすすめです。子供は断られるサロンも多いのですが、ディオーネは子供のための脱毛を行っています。

しかも今まで、肌トラブルをおこしたことはない、0という安心の実績を誇っています。

幼稚園や保育園の子供でも安心して施術を受けることができます。

幼稚園や保育園の子供に脱毛は早いかもと思っているお母さんがいたら、まずはディオーネの無料カウンセリングがおすすめです。

無料カウンセリングで納得してやっぱりやめることもできますし、納得して受けさせたいと決めたのであればその場で痛みが感じないかどうかを体験できます。

ぜひずっと子供のムダ毛で悩み続けているなら、まずはディオーネの無料カウンセリングを受けてみることから始めてみてくださいね。


>>痛くない子供専用脱毛サロン「ディオーネ」の詳細はこちらから<<

小学校低学年のお子さんにおすすめ脱毛法

小学校に入学すると、新しいことの連続です。
そんな小学校の低学年のお子さんの中では今や、脱毛が当たり前になりつつあります。

子供がお母さんにムダ毛が気になる、お母さん自身も子供のムダ毛が気になるようであれば、ぜひ、小学校低学年のお子さんにおすすめの脱毛法をご紹介しますので参考にしてください。

小学生の低学年でも今や脱毛は普通

小学生の低学年だし、脱毛なんて早すぎると思っているかもしれませんが、そんなことはありません。

今や脱毛は小学生の低学年でも当たり前になってきています。

新学期は要注意!

新学期は特にムダ毛が気になる節目になるので注意が必要です。

子供たち自身が新しいことにチャレンジし、人間関係でもドキドキする時期ですので、見た目が特に気になってきます。

ちなみに小学生の低学年のお子さんにアンケートをしたところ、なんと10パーセントもの子供が自分のムダ毛が気になると回答しているそうです。

ただでさえ、今は小学生の低学年でもLINEなどのSNSでのいじめが話題となっていますので、人間関係は保護者にとっても深刻な悩みです。

新学期はそういった節目ですから、ムダ毛の悩みを早め早めに解決してあげることが大切です。

最近の子供は成長が早い

小学生の低学年でも子供の成長は早く、ワキ、スネ、腕のムダ毛が気になる子供は増えてきています。
大人の女性と悩みは変わらないのです。

ですので、子供によってはお母さんに内緒で、コンビニなどで、カミソリや毛抜きを買ってムダ毛の処理をしている小学生の低学年の子供も多いのです。

さらに産毛がもともと濃いという子供も多いので、プールなどの授業では目立つので、そういった子供独自のムダ毛の悩みもあります。

最近の子供は成長が早いですので、小学生の低学年だからといって、子供だからという理由は通用しないのです。

小学生の低学年の子供にやってはいけないムダ毛処理

では子供のムダ毛処理はどうすればいいのでしょうか?

まずはおすすめできない、やってはいけないムダ毛処理をご紹介します。

脱毛クリームはおすすめできない

小学生の低学年の子供はまだ肌が大人のように強いわけではないので、脱毛クリームはおすすめできません。

皮膚へのダメージはカミソリよりも弱いと言われていますが、化学薬品で毛を溶かすものですので、子供によってはアレルギー反応がでて、皮膚に痛みや発疹といった症状がでることがあります。

中には子供に使用してもいいものも販売されているようですが、基本的に薬局などで購入することができる脱毛クリームのほとんどは、取扱説明書をきちんと読んでいると、子供への使用は控えるように記載されています。

ですから、安全面でも脱毛クリームはおすすめできません。

毛抜きは痛いのでやめましょう

毛抜きも簡単でやってしまいがちなムダ毛処理法ですが、特に小学生の低学年の子供にはやめておきましょう。

毛を抜くことで、痛みが伴い、子供にとってトラウマになってしまう可能性が高いです。

また小学生の低学年の子供のムダ毛は産毛で大人のムダ毛と比べて、毛が細く、弱弱しいため、毛抜きではしっかりとつかめないので、途中でちぎれてしまうリスクが高く、埋没毛になりやすいです。

肌トラブルの面でも、毛抜きでのムダ毛処理は小学生の低学年の子供にはおすすめできません。

小学校低学年の子供の脱毛で大切なこと

小学校低学年の子供の脱毛で大切なことがあります。脱毛を考えるときは以下のことをよく考えることが保護者には必要です。

子供の負担にならないこと

小学校低学年の子供で毎日、ムダ毛処理をしているのはとても大変です。

カミソリを仕方なく使う場合もありますが、子供に処理をさせるのはケガの危険もありますから、保護者がしてあげることが大切です。

ムダ毛処理はできれば、子供でも安全にできる、子供にとって負担にならないことが大切です。

そのうえで、できれば保護者の負担にもならないことが望ましいです。

痛みがないこと/h3>

子供の肌は大人の肌と比べてまだまだ刺激に弱く、カミソリや毛抜きの刺激はとても強く感じます。カミソリ負けを起こしやすく、毛抜きによる肌の炎症も起きやすいです。

どんなに脱毛効果の高い家庭用の脱毛器でも子供が使用するときに、痛みがあっては継続することができません。

脱毛の効果をしっかりとだすためには、継続的に使用することがポイントとなります。

痛みがないことで、小学校低学年の子供は、 継続的に脱毛をすることができます。

子供の脱毛をしっかりと考えていくのであれば、痛みがないことも非常に重要なポイントになってくるのです。

小学校低学年の子供におすすめの脱毛は?

それでは小学校低学年の子供におすすめの脱毛法はどういったものがあるのでしょうか?

どうして小学校低学年の子供に脱毛サロンの施術がおすすめなのか?そしておすすめのサロンにはどういったものがあるのかご紹介します。

子供も通える脱毛サロンでプロの施術がおすすめ

小学校低学年の子供におすすめなのは、子供も通うことができる脱毛サロンです。

どうして子供も通うことができる脱毛サロンがおすすめかというと、大人の女性が通うような大手脱毛サロンは子供の脱毛に対応していないことが多いからです。

また対応していても、子供の脱毛をしている経験と実績がないと、子供の対応がよくないことがあります。

子供もやっとの思いで脱毛サロンに通っているのに、心無い言葉で傷つけてしまったりするようなお店も中にはあります。

ですが、子供にとってムダ毛の悩みは大人並みにもしくは、それ以上深刻だったりします。

きちんと子供のことを考えて施術をしてくれる子供も通える脱毛サロンであれば、そういった精神的な面にも、心遣いをしてくれます。

もちろん、子供に施術を行いますので、プロがより慎重に、施術を行ってくれるという面でも子供が通っている脱毛サロンがおすすめなのです。

小学生の低学年の子供におすすめの脱毛サロンは?

小学校低学年の子供におすすめの脱毛サロン、それは「ディオーネ」です。

ディオーネは子供を対象とした脱毛を行っている数少ない脱毛サロンです。

そもそも多くの脱毛サロンは成人女性を対象にしているのは、肌の違いにあります。

大人の女性よりも、子供の方が、肌が弱いので、肌トラブルのリスクが上昇してしまうといった特徴があります。

ですが、ディオーネは、お肌の弱い子供の脱毛もしっかりとやってくれます。

ディオーネは子供の弱い肌のためにハイパースキン法といった独自の技術を取り入れているので、子供の脱毛を安全に行うことができます。

このハイパースキン法はお肌の弱い子供のために開発された特殊な技術で、毛を高熱で処理して生えてこないようにする一般的な脱毛とは違い、毛の種を予防する、全く新しい技術です。そのため、高熱をあてて、毛を処理必要がありません。

だから、痛みがなく、子供にも安心して施術を行うことができます。

だから、子供の脱毛を、自信をもって行うことができます。

しかも、ディオーネは脱毛を始めてから、この10年以上、肌トラブルを一切おこしたことがありません。敏感肌で断られてしまった女性でも、脱毛を行っているにも関わらず、肌トラブルを一切おこしたことがない、正真正銘、子供も安心して脱毛の施術を受けることができるサロンなのです。

脱毛業界では子供の脱毛を取り扱っているのはリスクの面でもとても珍しいのですが、脱毛に自信があるからこそ、ディオーネは子供の脱毛をやっています。

だから小学校低学年の子供におすすめの脱毛は、ディオーネでの脱毛です。

でもなかなか最初はサロンの雰囲気や本当に子供が安心して施術を受けることができるのか不安だと思います。

ですので、まずはディオーネの無料カウンセリングを受けるのがおすすめです。

無料カウンセリングを受けて納得したうえで、本当に痛みがないかどうか体験することができます。

万が一、納得しない場合はもちろん、ディオールで脱毛を受ける必要はありません。ぜひ、子供のためにも、まずはディオーネの無料カウンセリングを受けてみてあげてくださいね。


>>痛くない子供専用脱毛サロン「ディオーネ」の詳細はこちらから<<

小学校高学年のお子さんにおすすめ脱毛法

小学校高学年にもなると、思春期に入ってより子供は大人へと成長していく時期になっていきます。

体も大人の女性へと変化していく時期です。

そんなときにやはり気になってくるのが、ワキなどのムダ毛です。

体は変化していくのに、周りの男子は子供のままですので、体操着のときのムダ毛をからかったりする子もいます。

思春期で、多感な時期にこういった心にもない、ムダ毛のことをからかわれると、そのあとの一生のトラウマになってしまうこともあります。

そういった女性らしくなってくる小学校高学年の子供のためにもおすすめの脱毛法やおすすめできないムダ毛の自己処理についてご紹介します。

小学校高学年はムダ毛が生えてくる時期

小学校高学年になると、成長の早い女の子では生理などが始まってきます。

女性ホルモンが急激に変化するので、ムダ毛が急に増えてしまったり、ワキの毛もしっかりと生えてくるようになります。

成長の速度は子供一人一人違うので、ムダ毛がすごい子とそうでないまだ子供の体型のままの子供もいます。

そういった変化が著しいことで周囲にムダ毛に関することでひどいことを言われたお子さんがかなりいるのです。

そういったリアルなママの声を一部ご紹介します。

急にワキ毛が生えていた

小学校の体操着の半袖は結構短いので、ドッヂボールなどで腕を思いっきりあげると、ワキが見えてしまいます。

低学年のときはムダ毛が生えてなかったので、気にせずボールを投げていたのですが、あるとき、男子に娘がボールを当てたときに、その男の子も気に入らなかったのか、ワキに毛が生えてるから、お前男子なんだな、といった悪口を言われたそうです。

それまで娘はワキのムダ毛を気にしてなかったのですが、からかわれてからしばらく、母親の私に黙って、私の引き出しにしまってあるカミソリでムダ毛を処理していました。

体操着も夏なのに上着をもっていくので、おかしいなと思って、聞いたら、素直に話してくれました。

もっと早く母親の自分が気づいてあげていればよかったと思っています。

最近の子供は成長が早い

最近の子供は成長が本当に早くて、知識もインターネットがあるので、知識もしっかりとあったりします。

女子の間で、やっぱり成長が早い子供は着替えのときに、そういった知識のあるクラスの中心の女子に、笑われたりするそうです。

クラスの中心の女子は知識もあるので、自分でムダ毛もしっかりとケアしていると自慢していたと、娘が言っているのを聞きました。

驚きですが、子供は親が思っている以上に、ムダ毛に対してきちんと調べているし、間違った方法かもしれないですが、ケアもしています。

小学校高学年の子供のムダ毛処理

小学校高学年の子供がムダ毛を気にしてきたら、親としてどうやって処理してあげればいいのでしょうか?

方法とやってはいけないムダ毛処理をご紹介します。

とりあえずはカミソリで対応する

後で紹介しますが、やはりおすすめは脱毛を受けることです。

ですが、明日は運動会、水泳などイベントが多いのが小学校高学年の子供です。

ですので、とりあえず、恥ずかしくないようにするためのムダ毛処理としてはカミソリが無難です。

ただし、カミソリは肌への負担が大きいですから、正しい使い方をしましょう。

カミソリによる肌のダメージをなるべく小さくするには、肌を温め、シェービングフォームを必ず使用し、毛の流れに沿って剃ることです。そして剃ったあとは必ず化粧水や乳液などで保湿をすることが大切です。

基本的には毎日の使用は肌のことも考えるとおすすめはできません。

明日はどうしても肌を露出してしまうというときにカミソリを使うようにしましょう。

毛抜きや脱毛クリームはやめておくべき

小学校高学年の子供のムダ毛が気になっても毛抜きや脱毛クリームの使用は控えた方がいいでしょう。

まず毛抜きは痛みが必ず伴います。
毛根を引っ張って抜くので、肌が傷ついてしまいます。

また小学校高学年の子供の毛はまだ太くなってきたとはいえ、大人よりも弱いため、ちぎれやすく埋没毛になりやすいです。

ですので、毛抜きはおすすめできません。

脱毛クリームも小学生に使用しても安全なものもありますが、基本的には市販の薬局で購入できるような脱毛クリームは肌への負担が大きいので、小学校高学年の子供にはおすすめできません。
使用して万が一肌のトラブルがおきても、使用をおすすめしないと記載されていれば、保証してくれません。

特に子供は肌が敏感ですので、脱毛クリームによる肌トラブルが大人よりも起きやすいのでなるべく使用は控えましょう。

小学校高学年の子供の脱毛で抑えておいて欲しいこと

小学校高学年の子供の脱毛で抑えておいて欲しいことがあります。

それは以下のようなことです。

子供が痛い思いをしないこと

痛い脱毛も世間には多いですが、子供は大人よりも痛みに敏感です。

ですので、もし痛いと言っているのに我慢してまで脱毛をするとなると精神的にかなりきついということです。

我慢にはいずれ限界がきます。脱毛は途中でやめてしまうと、効果が発揮できないものも多いので、継続することが大切です。

継続するために、痛みがないことが子供の脱毛においてとても重要になってきます。

ですから、子供の脱毛で抑えておいて欲しいのは、子供が痛い思いをしないでいいということです。

子供がきちんと協力してくれること

保護者はもちろん、子供自身もきちんと協力してくれることが脱毛の効果を発揮するのには大切です。

痛みがあったり、面倒だったりすると子供は、最初のうちは自分から相談してきたから協力的だったのに、投げ出してしまうこともあります。

ですので、子供がきちんと最後まで協力してくれるように、痛みがなく、面倒でない、子供に負担になりにく脱毛を選ぶことが大切です。

小学校高学年の子供のおすすめの脱毛法

お母さんにぜひとも知っておいてほしい、小学校高学年の子供におすすめの脱毛法があります。

それはディオーネの脱毛です。どうしてディオーネの脱毛がおすすめなのか、詳しく解説していきます。

子供も通えるプロの脱毛サロン、それがディオーネ

小学校高学年の子供におすすめの脱毛サロン、それは「ディオーネ」です。

小学校高学年の子供は女性ホルモンが変化してきて、肌がとても敏感になっている時期です。

ですが、そんな敏感な時期でもディオーネであれば脱毛が可能です。

ディオーネは子供を対象とした脱毛を行っている数少ない脱毛サロンで、なんと今まで、脱毛の施術によって肌トラブルを一切おこしたことがない、安全なサロンです。

ディオーネは子供の弱い肌のためにハイパースキン法といった独自の技術を取り入れています。そのため敏感肌の女性や子供にも安心して脱毛を行うことができます。

さらに小学校高学年の子供は大人の階段を上っている最中で、脱毛について中には、子供の心を傷つけるような対応をするサロンも子供専門ではないサロンではやってしまうところがあります。

ディオーネは子供の脱毛の実績が高いので、子供の対応もとても丁寧で、お母さんたちの信頼も厚いサロンです。

だからこそ、思春期の時期に入ってくる小学校高学年の子供にもおすすめのサロンです。

ディオーネは無料カウンセリングを受けることができるので、まずはサロンの雰囲気や実際に脱毛の施術を受けて痛みが本当にないかどうか、まずは確かめてみてください。

そして納得してから、お子さんと相談して、ディオーネで脱毛を受けるか決めてくださいね。


>>痛くない子供専用脱毛サロン「ディオーネ」の詳細はこちらから<<