脱毛はまだ早い!!?子供の脱毛の費用について

子供に脱毛なんて早い、もっと大人の女性になってからでもいいんじゃない?
そんな風に感じている保護者の方も多いかと思います。

ですが、そんなことはないのです。

子供のときだからこそ、脱毛をすべきなのです。

今回はどうして子供のうちに脱毛しておくべきなのか、費用の面でわかりやすくご紹介していきます。

子供に脱毛は早い?

脱毛にかかる費用の前に、子供にとって脱毛は早いかどうかについて考えてみましょう。

夏になると、大人の女性ではワキや足のムダ毛がとっても気になって、脱毛していないと、毎日ケアする必要があります。

忙しかったりすると、ムダ毛の処理を忘れたせいで、お気に入りの肌の露出の多い服装をあきらめることもあります。

せっかく彼氏にデートを誘われてもムダ毛の処理をしていないので、デートを断る女性もいます。

こういったムダ毛の悩みは特に中学生くらいから顕著になってきます。

最初は気にしていなくても同級生の男の子にチャかされたり、友人がムダ毛をからかわれれているのをみると、ちゃんとケアしないといけないという意識がでてきます。

ですが、年齢を重ねるたびに、勉強や仕事など、どんどん脱毛に行く時間が限られてきます。

社会人女性が婚活前や結婚式の前になんとか脱毛をしようとしても間に合わなかったという話もよく聞きます。

子供のうちに脱毛をしておけば、時間的な余裕もありますし、将来、ムダ毛のことをからかわれれて心配もなくなり、何よりもムダ毛のない素敵な女性になれます。

こういったことをふまえて、将来のためにも子供のうちに脱毛はしておくべきと考えるお母さん、そして大きくなった娘さんの方が圧倒的に多いのです。

脱毛の費用を比較してみよう!

ではお母さんが気になる費用面で、脱毛した方がいいのか?それぞれずっと大人になっても脱毛しない場合、大人になってから脱毛をする場合、子供のうちに脱毛した場合とそれぞれ比べてみましょう。

ずっと脱毛をしない場合

よくテレビコマーシャルで見かける大手脱毛サロンの全身脱毛の場合、4回終了でおよそ10万円かかってきます。

そういった費用はかかることはないので、一見0円という風に感じますが、それは違います。

ムダ毛のたびにシェーバーや脱毛クリームでムダ毛を処理しなくてはいけません。

毛の周期は28日ですので、衛生面を考えて1か月に1回多くの女性が使う大手化粧品メーカーのシェーバーおよそ500円のものを毎月、12か月購入するとしましょう。

ムダ毛処理をやり始める年齢は個人差がありますが、小学生6年生から本格的に使用し、そこから、仮に40歳までずっとムダ毛処理をするとします。

12歳から40歳までですので、28年間、ずっとムダ毛処理をします。

かかる費用は500円×12か月×28年ですので、168,000円かかります。

ちなみにこれは40歳までですので、夏場になれば50歳になってもムダ毛処理は当然必要になってきますし、お得なシェーバーで計算しているので、脱毛クリームや脱毛テープなどもう少し値段の高い脱毛グッズで脱毛するとなると、もっと費用はかかります。

さらにこれは単純な費用の面しか考えていません。

毎日のように仮にシェーバーでムダ毛を処理していれば、肌には相当な負担がかかります。

しかもムダ毛は薄くなるどころか、どんどん濃ゆくなっていき、悪循環を繰り返す場合もあります。精神的にも、毎日ムダ毛処理をしないという負担もかかってきます。

単純にずっと大人になってからも脱毛しない場合の費用は16万8000円ですが、それ以上に計算ではわからない、身体的、精神的負担はあることは間違いありません。

大人になってから脱毛をする場合

では大人になってから、脱毛する場合、どれくらいの費用がかかってくるのでしょうか?

多くの女性は、大学在学中や、社会人になってから脱毛する方が多いです。

大手の脱毛サロン、全身脱毛は4回コースでおよそ10万円かかります。

ただし、よくインターネットのネット掲示板などを検索してみると、社会人になって大人になると、仕事が終わった平日の夕方以降、土日の休日しか脱毛することができないので、予約が集中し、なかなか予約がとれないといったトラブルがおきているようです。

そのため、本当は毛周期にあわせて早く脱毛を完了したいのに1~2年、さらにそれ以上の期間がかかっているケースもあるようです。

そういった時間的コストが、大人になってからの脱毛の場合はかかってしまっています。

中には時間がなかなかとれなくて、脱毛を完了できずに、途中解約してしまう女性も多いようです。

さらに小学生のころからシェーバーで社会人になった22歳までのシェーバー費用は、500円×12か月×10年 なので、およそ60000円追加でかかってきます。

それまでの肌への負担、ストレス、そして、大人になってからの時間的なコストを考えると、16万円以上の費用負担がかかってきます。

子供のうちに脱毛しておいた場合

それでは子供のうちに脱毛しておくと、どれくらい費用の面でお得なのでしょうか?

まず、子供の脱毛専用の脱毛サロンでは、小学生、もっと早い子供では幼稚園のころから脱毛をすることができます。
しかも小学校3年生までは10%オフで脱毛を受けることができます。

全身脱毛のコースでおよそ20万円近くかかってきて、一見、大人になってからの方がお得なように感じます。

しかし、大人の女性のための脱毛は一見、お得そうにみえて、きちんと計算すると、実は結構な費用がかかります。

大手脱毛サロンの全身脱毛コースは、4回でおよそ10万円の費用がかかってきて、子供専門の脱毛サロンの半額以下です。

しかし、子供専門脱毛サロンでは全12回コースで19万8000円です。

つまり大手の女性専用脱毛サロンは実は12回で計算すると、30万円、子供専門の脱毛サロンと比較すると実は10万円以上高いことがわかります。

さらに子供のうちに脱毛しておくことで、大人になってから脱毛するときにかかる費用、およそ60000円もかかってきません。

しかも社会人になってからかかる、時間的コストも子供のうちであれば、平日、学校が終わってからの脱毛予約がとれるので、大人と比べると、全然かからないということもわかります。

こういった時間的コスト、費用面のコストでも子供のうちに脱毛しておくのが一番、コストがかからないということが計算してみるとよくわかるかと思います。

子供のうちに脱毛をしておこう

費用の面で実はとってもお得なのが、子供のうちに脱毛しておくということがわかっていただけたかと思います。

小学生のうちに脱毛しておくことで、中学生、高校生、そして大学生になってからも快適に、過ごせるだけでなく、おしゃれも十分に楽しめ、ムダ毛によっていじめられるといった心配もなくすことが可能です。

子供のうちに脱毛しておくことで、費用面でも、精神的な面でも、総合的に考えるととても、お得です。

将来、脱毛したいという女性は90%以上で、大学生になって仕送りや入学金、授業料など、いっきに金銭的な負担が増えるときに、子供から脱毛したいとお小遣いを請求される前に、比較的、金銭的にまだ余裕のある小学生のうちに脱毛しておく方があとあと、金銭的にも楽なのではないでしょうか?

様々な面で、子供の脱毛を考えてみると、費用面以外にもたくさんのメリットがあるのです。

子供におすすめのサロンは?

子供のうちに脱毛をしておいた方がいいことがわかったところで、子供の脱毛でおすすめの脱毛サロンはどこなのでしょうか?

子供の脱毛でおすすめのサロンは「ディオーネ」です。

費用面でもディオーネはとってもお得です。

全身脱毛コースは198000円でとても高く感じる方もいますが、小学生3年生までの子供だと10%オフで脱毛を受けることができます。

とってもお得です。もちろん他にも部位別のコースもあり、ワキだけ気になるのであれば、もっと安くすみ、24000円で脱毛を受けることができます。もちろん、小学3年生までであれば、10%オフです。

費用面だけでも、ディオーネはおすすめというわけでなく、子供にも優しく、親切に対応してくれるところもディオーネのおすすめポイントです。

ぜひ、子供のうちから脱毛をして、お得に、そしてきれいな女性を目指しましょう。


>>痛くない子供専用脱毛サロン「ディオーネ」の詳細はこちらから<<

カミソリでムダ毛処理はできる?

思春期に入ってきたりすると、子供のムダ毛が気になってきたり、子供自身、ムダ毛のことを気にし始めてきます。

そんなとき、気軽にやることができるムダ毛処理が「カミソリ」ではないでしょうか?

ムダ毛に悩む方は絶対に一度は経験したことがあるムダ毛処理法です。

そんなカミソリでのムダ毛処理は子供にとって果たしておすすめできるのか、分かりやすく解説していきます。

カミソリでのムダ毛処理の特徴

カミソリでムダ毛処理の一番の特徴といえば、どのムダ毛処理法よりも手軽でできるということです。

しかもカミソリはドラッグストアだけでなく、コンビニやスーパーでも購入することができるので、いつでもカミソリで自己処理をしようと思えば、いつでもやることができます。

しかも短時間で処理できるので、とっても楽です。

しかし、処理直後はキレイな肌ですが、1日たつと、もうムダ毛がしっかりと生えてきて、チクチクしてきてしまいます。

その場しのぎでカミソリで自己処理をするのはいいかもしれないですが、長期的にみると、毎日しっかりと欠かさず処理をしないといけないというデメリットを持つのが特徴でもあります。

さらにカミソリは刃物ですので、肌にダメージがあり、肌の角質を傷つけているので、敏感肌の方では、カミソリ負けしてしまうこともあります。

カミソリは手軽で簡単で、その場しのぎにはなりますが、肌のことを考えるとよくないというのが一般的です。

カミソリでムダ毛処理でのトラブル

以下にカミソリでおきる肌トラブルをご紹介します。

毛嚢炎

毛穴のところに毛が埋もれてしまうことで、おきる炎症のことを毛嚢炎と呼びます。

ニキビのような赤いぽつっとした発疹ができますが、自然治癒することが多いです。
痛みを伴うこともあります。

ニキビのように跡になって傷のように残ってしまうこともあります。

色素沈着

カミソリの肌への刺激によって、肌細胞が活性化し、メラニン色素が沈着してしまうことで、色素沈着が起きます。

何度もカミソリで刺激を与えることで、最初はそこまで色素沈着がひどくなかったのに、いつのまにか肌が黒ずんで汚くなってしまったということはよくあります。

肌がカミソリの刺激から守ろうとしてメラニン色素をたくさん作ってしまうので、肌のターンオーバーでメラニン色素が代謝されずに、黒ずんで、最終的にはもとの透明感ある肌にもどらなくなってしまいます。

カミソリ負け

カミソリによって肌に小さな傷がたくさんできることで、肌に痛みがおきる状態です。

出血はないのですが、赤くなって痛みが伴います。

特に新しいカミソリは、刃の部分の切れがうごくいいので、カミソリ負けを起こしやすいです。またシェービングフォームを使わないことでもおきます。

肌が弱い子供にカミソリはおすすめできない

子供は大人と比較して、肌の水分量が少ないので、肌トラブルを引き起こしやすいです。

そのため、子供のムダ毛処理にはカミソリはおすすめできません。

特に子供の場合、アトピーまではいかなくても、肌が敏感という子供はたくさんいらっしゃいます。そういった子供にはカミソリによる負担はとても大きく、肌が汚くなる以外にも、かゆみや炎症がひどくなってしまう場合があります。

とくに子供がムダ毛を処理するのはプールなどの体育の授業のためのことが多いです。

カミソリによるダメージを与えた次の日に、外で紫外線による肌ダメージをさらに与えると、より肌トラブルがおきやすくなってしまいます。

ですので、子供、とくに肌の弱い子供にはカミソリによるムダ毛処理はおすすめできません。

将来のことを考えて肌にいい脱毛を

肌が敏感な子供のためにも、肌に優しい、肌にいい脱毛がおすすめです。

子供は体育の授業、通学の時間のときに紫外線ダメージを受けます。
子供のときの紫外線ダメージは生涯のおよそ7割以上ともいわれているくらいです。

ですので、ムダ毛処理をするときは、肌にいい脱毛方法を選択すべきだといえます。

また将来、大人になったときに毎回、カミソリによるムダ毛処理をしていると、子供のうちはよくても、大人になって新陳代謝が低下して、肌が汚いまま、もとに戻らず、肌の露出の多い服がきれない、夏が嫌といったことがおきる可能性もあります。

ですので、子供の将来のことも考えた脱毛を小さいうちからしておくことが大切です。

だからディオーネの脱毛

ディオーネの脱毛は独自の技術のハイパースキン脱毛を採用しています。

そのため、肌に優しいだけでなく、エステ級の美肌効果もあります。

敏感な子供の肌に優しく脱毛をすることができます。

カミソリのようなリスクはなく、脱毛をすることができます。

痛みもないので、安心して子供が脱毛を受けることができるのも、保護者にとっては安心です。

子供の将来のためにも、美肌になれる、そして面倒なカミソリのムダ毛処理とサヨナラできる、ディオーネの脱毛がおすすめです。


>>痛くない子供専用脱毛サロン「ディオーネ」の詳細はこちらから<<

毛抜きでムダ毛処理は?

よくやってしまう、ムダ毛処理の方法として、毛抜きを使ったムダ毛処理があるかと思います。

カミソリよりもムダ毛を抜くので、チクチクしないし、ついついやってしまうという方も多いかと思います。

特に子供のムダ毛は、大人と比較すると本数が少ないので、抜いても早く終わってしまうので、あえて毛抜きを使ってムダ毛処理をしている子供も多いかと思います。

ですが、毛抜きによるムダ毛処理は絶対におすすめできません。その理由を詳しく解説していきます。

絶対にやってはいけないムダ毛処理

カミソリや脱毛クリームなどさまざまなムダ毛の処理方法がありますが、その中でもダントツでおすすめできない、絶対にやってはいけないムダ毛処理が毛抜きです。

なぜ、毛抜きによるムダ毛処理はカミソリなどの自己処理よりもリスクがあるのでしょうか。

毛抜きによるムダ毛処理のリスク

毛抜きによるムダ毛処理には以下のようなリスクがあります。

・毛嚢炎

毛を抜くことによって毛が生えてくる毛穴にカサブタができることがあります。

そのカサブタのせいで、毛が皮膚の下に埋まってしまいます。この状態を埋没毛と呼びます。

皮膚の下に埋まったまま生えてこないと、細菌が感染し、この毛嚢炎を引き起こします。

カミソリでも毛嚢炎のリスクはありますが、毛抜くによるムダ毛処理の方が、この毛嚢炎のリスクは高いといわれています。その理由は、無理やり毛を引っ張ってぬくので、毛がちぎれてしまったり、ムダ毛と一緒に肌がちぎれることで、埋没毛のリスクが高くなってしまうからです。

ですので、まだこの毛嚢炎のリスクが毛抜きよりも小さいカミソリの方が自己処理の中でもまだマシといえます。

・色素沈着

毛抜きによって肌には大きなダメージが加わります。

そんなダメージが加わった肌に紫外線などの肌ダメージがさらに蓄積してしまうと、肌細胞の中のメラニン色素が活性化して、肌が黒ずんで汚くなってしまいます。

さらに毛抜きによって毛が途中でちぎれてしまうと、同じ毛穴から2本以上の毛が生えてくることがあります。

そうなってしまうと、毛穴が広がり、ムダ毛が太くなってより黒ずみが目立つようになってしまうのです。

したがって毛抜きを使うと、ムダ毛を減らすのではなく、ムダ毛を増やしてしまうということです。

でも手軽にできるし、毛抜きを使いたい

子供の場合、しょっちゅうカミソリでお母さんがムダ毛を処理するのは大変ですし、子供でも気軽にできるのが毛抜きによるムダ毛処理です。

どうしても時間がなくて、仕方なく毛抜きでムダ毛を抜きたい場合のなるべく肌への負担を小さくする方法をご紹介します。

肌を柔らかくして毛を抜こう!

肌が固くなってしまっていると、毛抜きで毛、を引っ張ると、毛がちぎれてしまうリスクがあがります。
途中で毛がちぎれてしまうリスクを下げるためにも、肌を柔らかくしましょう。

肌を柔らかくするには、肌を温める必要があります。ですので、毛抜きを使って毛を抜くときは、入浴中、もしくは後の肌が温まっているときにしましょう。

もしくはレンジなどで温めた蒸しタオルを使って肌を温めるのもいいでしょう。

毛並みに沿って抜く

毛には流れがありますので、足であれば下の方に毛が流れていることが多いので、下向きに抜くようにしましょう。

毛の流れに逆らって抜くと、毛が皮膚の中に埋もれてしまう埋没毛になってしまうリスクが上昇します。

保湿を毎日欠かさない

毛抜きで毛を抜いてしまうと、肌がダメージを負うので、乾燥しやすい状態になります。

ですので、毛抜きを使ったあとは必ず、化粧水や乳液を使って保湿をしましょう。

普段使っている化粧水や乳液で問題ありません。

また、抜いたその日だけでなく、そのあとも毎日、欠かさず保湿をしておきましょう。

ケガをしている状態ですので、乾燥していると、傷跡になって残って、肌が汚くなってしまうリスクが上がります。

汚い肌にしないためにも、毎日、ムダ毛を抜いた場所は保湿を欠かさないようにすることが大切です。

脱毛サロンに通っているなら毛抜きは絶対だめ!

脱毛サロンに通っているときに、脱毛の施術を受ける前はカミソリでムダ毛を処理します。

そのムダ毛を処理するのに毛抜きは絶対に使ってはいけません。

というのも、光で脱毛する場合、生えている毛の根元の、種に部分にダメージを与えて、脱毛をしていきます。

毛がない状態ですと、光をあてても、毛の種の部分がないので、効果を発揮することができなくなってしまいます。

さらに脱毛サロンの場合、毛周期に従って、脱毛をする日にちを予想して、予約をとります。毛抜きを使ってムダ毛処理をしてしまうと、この毛周期がばらついてしまいます。

そうなると脱毛効果にもバラツキが生じてしまうので、毛抜きによるムダ毛処理は脱毛サロンに通っているときは絶対にやめましょう。

毛抜きよりも脱毛サロンが断然おすすめの理由

毛抜きはとっても楽だし、手軽にできるので、ついついやってしまいがちな自己処理法ですが、お肌のトラブルが一番多いともいわれているおすすめできないムダ毛処理でもあります。

一方、脱毛サロンによる脱毛は、通う手間はかかってしまうかもしれませんが、生涯、ムダ毛処理に費やす時間を考えたときに、実は手間が全然かからない方法です。

大人になったとき、女性同士でムダ毛の話をよくしますが、やはり早いうちに脱毛サロンで脱毛している女性は羨ましがられますし、気にせず着替えもできます。

何よりも脱毛した場所の肌の透明感が全然違います。

子供のときに早めに脱毛しておくことで、中学生、高校生などの部活や体育の授業でムダ毛を気にせず着替えができますし、男子に剛毛とからかわれる心配もありません。

何よりも肌がきれいになることで、子供が自分に自信をもつことができます。

毛抜きは抜いたあと、汚くなって、しかもサボってしまうと、またムダ毛が生えてきて、それが前よりも太いムダ毛になってしまっています。

ですので、毛抜きよりも子供の早い段階での脱毛がおすすめといえます。

子供にきれいな肌になってもらいたいなら、毛抜きよりも断然、脱毛がおすすめです。


>>痛くない子供専用脱毛サロン「ディオーネ」の詳細はこちらから<<

ジェルタイプのムダ毛処理は?

薬局にいくとよく目にするジェルタイプの脱毛クリームなどが販売されています。

どこの薬局でもたいてい販売しているので、脱毛クリームで毎回、ムダ毛を自己処理しているという方も多いかと思います。

ではクリームタイプの脱毛はどういったメリットデメリットがあるのか、子供のムダ毛処理としておすすめできるのか、詳しく解説していきます。

ジェルタイプのムダ毛処理って実際どんな感じ?

脱毛クリームは、ムダ毛と化学反応を起こして、ムダ毛を溶かして、ムダ毛をなくしていく方法です。

カミソリや毛抜きでムダ毛を処理するのとは異なり、肌への負担が小さくてすみます。

しかも、毛抜きやカミソリは自分のテクニックに左右されて肌へのダメージがより大きくなってしまいますが、脱毛クリームは、そういった自分のテクニックに左右されないので、均一にムダ毛に対してアプローチできます。

脱毛クリームのメリットとは?

脱毛クリームのメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

以下に脱毛クリームによるメリットをあげていきましょう。

きれいな仕上がり

カミソリは皮膚から下の毛にアプローチすることはできません。

深剃りでアプローチできなくはないですが、肌への負担が非常に大きいです。

脱毛クリームの場合は、クリームが毛穴の少し奥に入って、毛を溶かしてくれるので、カミソリで剃った直後の黒いブツブツ感がなく、きれいな仕上がりになります。

脱毛クリームの愛用者はこのきれいな仕上がりがクセになっていることが多いです。

チクチクが軽減される!

カミソリで剃ると、毛の断面が鋭く角ばってしまいます。

そのため、少し生えただけでもチクチクして非常に不快な思いをします。

一方、脱毛クリームは毛を溶かしていますので、毛の先が丸くなって生えてきても、チクチクしにくくなるメリットがあります。

毛が生えにくくなることもある

脱毛クリームの中には、毛が生えにくくなるように、抑毛作用のある成分を配合しているものもあります。

ですので、何回か使っていくことで、ムダ毛が薄くなるものもあります。

肌への負担もカミソリや毛抜きと比べるとダメージは少ないのもメリットの1つです。

脱毛クリームのデメリットとは?

メリットを見てみると、デメリットなんてなさそうな脱毛クリームですが、もちろん、デメリットはあります。

デメリットには以下のようなものがあります。

アレルギーを起こす可能性がある

脱毛クリームは化学反応を引き起こして毛を溶かすので、アレルギー反応がでることがあります。

さらに最初のうちは肌が大丈夫でも定期的に使うことによって、だんだん肌があわなくなってきてかゆみや肌の赤みといったアレルギー症状を引き起こすことがあります。

市販の脱毛クリームにはテスターがついているはずですので、最初に使うときはアレルギー反応がでないかどうかをチェックする必要があります。

脱毛クリームが臭い

脱毛クリームには独特の薬品のような臭いがあります。

部屋で使用するときはよく換気をしないといけません。中にはクリームの臭いが苦手で気分が悪くなってしまう場合もあります。

洗いながすのが面倒

脱毛クリームはムダ毛が気になる箇所に塗布して、洗い流す必要があります。

ですので、入浴前に使用する方が多いです。塗布時間が5分~15分と商品によって様々ですが、寒い冬場は裸で脱毛クリームの反応時間を待つのは少し面倒かもしれません。

部屋で使用するときもふき取る手間が面倒かもしれません。

子供には脱毛クリームはおすすめできない

大人の女性であれば、脱毛クリームも自己処理としてはカミソリや毛抜きよりはいいかもしれないですが、子供には脱毛クリームはあまりおすすめできません。

というのも、化学反応を引き起こしてムダ毛を溶かすので、例えば目に入ったりすると非常に危険だからです。

子供の年齢にももちろんよりますが、子供が使う以上、安全に使用できるムダ毛処理がいいはずです。

保護者の方が毎回してあげればいいかもしれないですが、そうでない場合、子供1人ですると、事故につながる可能性も否定できませんので、注意が必要です。

また子供の肌の方が大人よりも敏感ですので、脱毛クリームの場合、肌トラブルのリスクも大人よりも上がります。

こういったことを踏まえると、子供には脱毛クリームはあまりおすすめできないです。

脱毛クリームよりもおすすめの脱毛は?

子供にはカミソリも毛抜きによるムダ毛処理も肌に大きな負担がかかってしまいます。

脱毛クリームの場合も、化学薬品を使う以上、あまりおすすめできません。

できるだけ安全に、そしてきれいに脱毛したいのであれば、やはり肌に優しく、痛みのない、脱毛サロンでの脱毛がおすすめです。
特殊な光で、ムダ毛の種に直接アプローチするので、効果も脱毛クリームよりも高いです。

しかも脱毛効果が大きくなっても続くことで、将来、ムダ毛に悩むことも少なくなります。

ですので、子供のお肌のことや将来ムダ毛に悩まされることを考えると、ずっと脱毛クリームを買い続けるよりも、脱毛サロンで脱毛を受ける方がおすすめです。

ぜひ、お子さんの肌にとって一番いい方法を選んであげてくださいね。


>>痛くない子供専用脱毛サロン「ディオーネ」の詳細はこちらから<<

脱毛シェーバーは?

カミソリはちょっとでも、時間がないという方に人気の脱毛シェーバーですが、子供には使っても大丈夫なのでしょうか?

メリットやデメリットについて詳しく解説していきます。

女性用脱毛シェーバーとは?

男性用の電動カミソリの女性専用のものが脱毛シェーバーと呼ばれています。

脱毛シェーバーと呼ばれたり、電動カミソリと呼ばれたり、さまざまな呼ばれ方をしています。ですが、言い方が違うだけで男性用の電動のひげそりと同じです。

ただし、男性の肌の方、が女性よりも強く毛も太いので、男性用のひげそりよりも、もっと女性専用の脱毛シェーバーの方が肌の負担が小さいように工夫されているものが多いです。

女性では手軽に広範囲にムダ毛が処理できるので、持っている方も多いです。

脱毛シェーバーのメリット

この脱毛シェーバーにはどんなメリットがあるのでしょうか?

カミソリで剃るよりも肌へのダメージが少ない

脱毛シェーバーは、カミソリ部分が肌に触れないように設計してあるので、手でカミソリを使ってムダ毛を処理するよりも、肌への負担がとても小さいというメリットがあります。

カミソリは手元が滑ったりすると、肌を切ってしまう可能性がありますが、安全面ではこの脱毛シェーバーの方が高いといったメリットもあります。

ただし、あくまでもカミソリよりは肌への負担が小さいというだけで、使い過ぎてしまうと、肌トラブルがおきます。

手軽に広範囲のムダ毛を処理できる

カミソリよりも手軽に電動なので、広範囲のムダ毛を処理することができます。

特に足や腕、ワキは時間がかかるので、脱毛シェーバーの方が早く、広範囲のムダ毛を処理することができます。

脱毛シェーバーのデメリット

カミソリよりもメリットが多い脱毛シェーバーですが、もちろんデメリットもあります。

デメリットには以下のようなものがあります。

肌トラブルがおきる

肌へのダメージがゼロというわけではないので、使用回数が増えればその分、肌へのダメージも蓄積しやすくなります。

また顔に使用すると、刺激が強すぎて女性の場合は痛みがでることがあります。
女性でも痛みがでる可能性があるので、子供はさらにリスクが高くなります。

一定期間で毛はまた生えてくる

カミソリよりは肌への負担が小さいだけで、結局はカミソリですので、時間がたつと、またムダ毛が生えてきます。

脱毛シェーバーの種類によって、どれくらいで毛が生えてくるかは差がありますが、安い脱毛シェーバーでは1日でまたチクチクと小さい毛が生えてきます。

脱毛シェーバーを使うときの注意点

カミソリよりも楽に広範囲のムダ毛処理ができるので、持っているという女性も多いです。

お子さんに仕方なく、この脱毛シェーバーを使わないといけない場合は、以下のようなことに注意して使用しましょう。

肌を清潔にして使用する

カミソリと同じなので、毛穴に雑菌が使うことで入ってくることがあります。

ですので、脱毛シェーバー自体はもちろん、肌もきれいな状態で使用しましょう。

入浴中や後は肌がやわらかくなっているので、肌に負担が少なくムダ毛処理が行えます。

お風呂に入るのが面倒なときは、蒸しタオルを使って、肌を温めてから使いましょう。

肌に脱毛シェーバーを押し付けない

脱毛シェーバーを押し付けてしまうと、カミソリ部分が肌に巻き込まれて、ケガをすることがあります。

基本的には安全装置がついていてケガをするリスクは低いですが、押し付けて使うのはやめましょう。優しく使うことが肌への負担を減らします。

逆剃りはだめ

毛の流れに逆らって剃る、逆剃りは肌への負担が大きくなり、しかも毛穴も大きくなってしまうリスクが上昇するので、やめましょう。

脱毛シェーバーがよくムダ毛を処理してくれるので、ついついやってしまう方もいますが、肌が傷つき、黒ずみなどの原因になってしまいます。

保湿をする

脱毛シェーバーでも、肌がダメージを負うので、乾燥しやすい状態になります。

ですので、使ったあとは必ず、化粧水や乳液を使って保湿をしましょう。
普段使っている化粧水や乳液で問題ありません。

子供の普段の自己処理には脱毛シェーバーは微妙

カミソリよりも肌への負担が小さいので、どうしても使いたいときは、子供に使ってもよさそうですが、商品によっては子供への使用は控えるように記載されているものもあります。

また電動でムダ毛を処理しますので、使い方を間違ってしまうと、肌トラブル以外の問題もおきてくる可能性もあります。

使用する場合は必ず、保護者の方が安全に配慮して使う必要があります。

こういったことを考えると、脱毛シェーバーは子供にはちょっと微妙というのが正直なところです。

脱毛シェーバーも結局は保護者の手間がかかる

大切なお子さんのためですから、一緒にムダ毛処理をしてあげたいという気落ちが強いお母さんも多いかと思います。

ですが、これが毎日のこととなると、時間が仕事や家事の関係で取れないというお母さんも多いかと思います。

脱毛は通う期間はかかりますが、そのあと、保護者の方が毎回、ムダ毛を処理してあげるという手間がかかりません。

中学生になれば自分でムダ毛処理はできますが、今度は子供にその負担がかかるだけです。

お母さんとしてはその時間を部活や勉強に使ってもらった方が有意義ではないでしょうか?

もちろん、いろんな考え方はあるかと思いますが、脱毛シェーバーはお母さんや子供の時間を使ってしまいます。

ですので、まだ中学受験、高校受験、大学受験などがない時間的に余裕がある小学生のうちから脱毛をしておくのが将来的におすすめといえるでしょう。


>>痛くない子供専用脱毛サロン「ディオーネ」の詳細はこちらから<<

光タイプの脱毛機は使える?

大手のインターネット通販でも自宅で使える光脱毛器が購入できます。

大人であれば、光タイプの脱毛器を使うことができますが、子供にはどうなのでしょうか?

ネットで話題の光タイプの脱毛器についてメリット、デメリットそして、子供にはおすすめできるかどうかを詳しく解説していきます。

光タイプの脱毛器って何?

家庭用の脱毛器として人気なのが、光タイプの脱毛器です。

強い光を皮膚に照射することによって、ムダ毛の毛穴のところに作用して、ムダ毛が生えにくくなるようにするものです。

エステサロンで行う光脱毛よりも家庭用として販売されているので、安全性が高いのが特徴です。

簡単に使うことができるのも魅力の1つです。

ただし、電動カミソリなどと比較すると、少し値段が高くなります。

光タイプの脱毛器メリット

ネット通販で購入しようか悩んでいる方もいる光タイプの脱毛器ですが、どういったメリットがあるのでしょうか?

自分が好きなときに照射ができる

家庭用の光タイプの脱毛器のメリットは、自宅で好きなときに、照射をすることができるということです。

なかなかサロンに通って、時間を作って、脱毛をするのは大変という方が購入しています。

痛みがなく、ムダ毛を抑えられる

家庭用の光タイプの脱毛器は、エステの光脱毛よりも照射の強さを弱くしているので、痛みがほとんどないというものが多いです。

安全が第一ですので、痛みがなく、ムダ毛を抑えることができます。

カミソリや毛抜きは肌トラブルがおきやすいですが、正しい使い方をすれば、光タイプの脱毛器は痛みがなく、ムダ毛を抑えることができます。

光タイプの脱毛器のデメリット

光タイプの脱毛器のメリットをみてみると、デメリットなんてないんじゃない?と思ってしまいますが、残念ながらデメリットはあります。

まず一般にいわれている光タイプの脱毛器のデメリットにはどういったものがあるのでしょうか?

肌トラブルがゼロではない

安全性の高い光タイプの脱毛器といえども、やはり肌ダメージが完全に0というわけではありません。

説明書どおりに、最初は弱い照射レベルでないと、肌に火傷のようなトラブルがおきることがあります。

また肌のダメージの受け方は一人一人違いますので、子供によっては、一番小さい照射レベルだとしても、肌にトラブルがおきることもあります。

自分でペースを決めないといけない

自分で好きなときにできるのは光タイプの脱毛器の一番のメリットでもありますが、一番のデメリットでもあります。

というのも、自分でやらないと、脱毛効果を発揮しません。ちゃんと何月何日に照射をしてので、次の毛周期にあわせるとだいたい28日後の何月何日に次は照射しないといけないと、自分でスケジュールを組む必要があります。

ですが、強制力はないので、やらなくても、誰にも連絡がきたりすることはありません。

光タイプの脱毛器を購入したものの、やったのは最初の1回だけで、あとは一回も使用していないという方が大勢いるのも事実です。

大手のフリマアプリで気になる家庭用の光タイプの脱毛器を検索してみてください。
使わなくなった方が、定価よりも安くで売っているのが確認できるはずです。

このように、自分が決めて、自分でやるというにはダイエットと同じで、お子さんにやってあげようとしてもお母さんが時間を作ってあげて、一緒にやってあげないといけなくなります。

そのうち面倒、、と感じてしまうようになるのは仕方のないことです。

意外と高い

基本的にデリケートゾーン以外であれば、気になる場所のムダ毛を抑えることができるという家庭用の光タイプの脱毛器ですが、意外と高いというのもデメリットの1つです。

お子さんが全身脱毛をしたいという場合は別ですが、お子さんの多くは気になる箇所は腕や足、ワキなど、部分的でその箇所は少ないです。一か所だけ気にしているというお子さんも多いです。

一か所の脱毛だけであれば、この家庭用の光タイプの脱毛器の値段よりも、脱毛サロンでの脱毛の方が安いケースも多いです。

ですので、よく長く使えるからお得だと書かれているサイトもありますが、基本的には家電製品ですので、年数が経過するとともに劣化していきます。

ですので、特に安全面が気になるという方は、長期的にみて安いという判断はあまりされないほうがいいでしょう。

子供には光タイプの脱毛器は使える?

家庭用の光タイプの脱毛器のメリット、デメリットがわかったところで、子供にはこの光タイプの脱毛器は使用することはできるのでしょうか?

小学生は基本的には使えない

家庭用の光タイプの脱毛器はさまざまなメーカーから発売されていますが、基本的によく取扱説明書を読むと、子供には使用を控えるように記載されています。

安全面において、やはり光照射を行うので、肌の水分量が少ない子供、とくに小学生以下のお子さんには基本的には使用を控える方がいいでしょう。

自己責任で使用するのはいいですが、万が一トラブルが発生しても、メーカーは取扱説明書にきちんと記載していますので、保証してくれません。何かトラブルがおきたときは、保護者の方が責任をもって、医療機関を受診させなくてはいけません。

中学生なら大丈夫?

中学生なら大人に体型も近づいているし、いいのでは?と思う保護者の方もいますが、中学生も体の発達は個人差があるので、はっきり、使えるとはいえません。

まだまだ成長途中の段階ですので、あいまいな表現にはなりますが、家庭用の光タイプの脱毛器は中学生の使用はグレーゾーンといえるでしょう。

しっかりと脱毛したいなら、やっぱり子供専門の脱毛サロン

家庭用の光タイプの脱毛器はやはり、個人で責任をもって行うので、子供に基本的には使用はできません。

でも、しっかりと脱毛をしたいというのであれば、やはり子供の脱毛も行っている脱毛サロンでしっかりと脱毛するのがおすすめです。

脱毛のプロがしっかりと毛周期にあわせて予約をとって管理してくれるので、家庭用の光タイプの脱毛器を自分でやるよりも確実に効果は上です。

またもし何かトラブルがおきても、保証制度が充実している安全面でも、脱毛サロンの方がおすすめといえるでしょう。

お子さんの脱毛を真剣に考えているのであれば、安易にインターネット通販サイトで、光タイプの脱毛器を購入するのではなく、脱毛サロンの無料カウンセリングを受ける方がよいでしょう。


>>痛くない子供専用脱毛サロン「ディオーネ」の詳細はこちらから<<

カミソリはムダ毛処理に向いていない理由

カミソリはとても簡単で、ついついムダ毛処理するときには頻繁に利用するかと思います。

子供のプールなどの授業の前でも小学生のお子さんが使うのは危険なので、お母さんがムダ毛を処理してあげることもあるかもしれません。

そんなムダ毛処理によく使うカミソリですが、ムダ毛処理にはあまりおすすめできません。

カミソリによるムダ毛処理のデメリットと、仕方なく使うときになるべく肌への負担を小さくする方法をご紹介します。

カミソリによるムダ毛処理のデメリット

カミソリによるムダ毛処理は肌への負担だけでなく、毛穴も汚くなるなど、他にもデメリットがたくさんあることをご存知でしょうか?

ついつい簡単だからやってしまいがちなカミソリによるムダ毛処理ですが、それぞれのデメリットについて詳しく解説していきます。

目に見えない小さいな傷で肌がズタズタになる

目には見えないものの、カミソリでムダ毛を処理すると、肌には小さな目には見えない傷がたくさんついてしまいます。

小さな傷がたくさんあるということは、ワキなどたくさん雑菌が繁殖しやすい場所では、炎症をおこす可能性が非常にたかくなります。

しかも赤くならなくても、小さな傷がたくさんついているので、軽度の痛みでワキや足が気になるといった症状がおきることもあります。

さらに小さな傷がたくさんあるので、肌の透明感も失われます。

思いっきり腕をあげて、ワキをみられたときに、汚い肌が露出されてしまいます。

肌が固くなり、毛穴が丸見えになる

カミソリをずっと使用し続けると、肌がカミソリの刺激に耐えようとして、固くなっていきます。

最初は刺激がないので、やわらかいワキも、どんどん固くなっていきます。

これはどの部位でも同じ現象がおきます。

そして角質層へのダメージから、肌が黒ずんで汚くなってますます、透明感とは程遠い肌へと変化していきます。

さらに、毛はどんどん生えてくるので、同じ毛穴から新しい毛と、前生えているカミソリで剃った毛の両方が生えてきて、毛穴が2倍に広がります。

毛穴は2倍どころか、繰り返しカミソリで剃っていると、どんどん短い毛が伸びてくるので、毛穴はどんどん広がっていくしかなくなります。

一度、大きなってしまった毛穴を小さくするのは非常に難しく、汚れも溜まりやすく、臭いの原因にもなります。

24時間立たないうちに毛が伸びる

ムダ毛はすぐに24時間で伸びてきます。

毛の伸びが早い方は24時間たたないうちに毛が伸びてきて、朝剃って夕方にはワキがもう黒いという経験がある方もいらっしゃるかもしれません。

どれだけキレイに丁寧にムダ毛を処理しても、ムダ毛は皮膚の直下で伸びようとしています。

夏は薄着なので、とても神経質になってしまいますよね。

伸びてきてチクチクと気になる

カミソリの刃は鋭いので、毛を剃ったあとは、先がとがっています。

それがそのまま伸びてきますので、ちょこっとしか伸びていないのにも関わらず、チクチクと気になります。

しかもムダ毛の断面の面積が広くなってしまうので、生えてくると、黒さが剃る前よりも目立ってしまいます。

より黒く、そしてチクチクとなってしまうのがカミソリによるムダ毛処理のデメリットなのです。

どうしても剃刀を使うときのやり方

でも明日は大事なデート、プール、おしゃれな肌を露出した服を着る、そんなときはカミソリに頼るしかないのもまた事実です。

そこで、どうしてもカミソリを使わないといけないときのためにぜひとも知っておいて欲しい、なるべく肌への負担を小さくする正しいカミソリの使い方をご紹介します。

肌を剃りやすい状態にする!

肌は負担固い状態ですので、やわらかい状態にすることで、ムダ毛を処理しやすく、肌へのダメージも抑えることができます。

したがって、肌が水分をすってやわらかくなる、入浴中もしくは入浴後にカミソリで処理するのがおすすめです。

ただし、長風呂のあとですと、過剰に肌に水分が含まれているので、カミソリによって肌がより傷つきやすくなります。

入浴時間は10~15分までにして、肌を適度に柔らかくしておくことがポイントです。

入浴以外のとき、特に朝、ムダ毛を処理する場合は、温かいタオルで肌を温めましょう。

絶対に空剃りはだめ!

必ず、カミソリでムダ毛を処理するときはシェービングフォームなどのクリームを塗ってから剃るようにしましょう。

直接、カミソリが肌に触れる、空剃りは、肌の角質層がはがれ、傷が付くので、絶対にやめましょう。

このシェービングフォームはカミソリによる肌への負担を軽減させるだけでなく、カミソリがより肌へと密着して、剃りやすくなるといった役割も担います。

ちなみによくやりがちなボディーソープをシェービングフォームの代わりに使う方がいますが、これも絶対にダメです。

ボディーソープは、皮脂汚れを落とすので、カミソリによってムダ毛を剃ることで、皮脂まで奪ってしまい、肌のバリア機能が著しく低下してしまいます。

その結果、カサカサの乾燥肌になって、肌トラブルがおきやすくなるので、面倒だからといってシェービングフォームの代わりにボディーソープを使用するのもやめましょう。

剃るときはカミソリを平行に

剃る時は肌に押し付けるのではなく、肌と平行にして、ムダ毛の流れに沿って、優しく剃るようにしましょう。

絶対にやってはいけないのはムダ毛の流れと反対向きでそる逆剃りです。逆剃りは角質層も剃ってしまうので、カミソリ負けだけでなく、肌の乾燥もひどくなります。

剃るときは優しく、そっと剃りましょう。

最後の保湿は必須

剃ってムダ毛処理は終了!という女性も多いですが、絶対にだめです。

どんなに気を使って剃ってもカミソリは肌を傷つけています。

ですので、自分の普段使っている化粧水や乳液などを剃った部位に必ず、塗るようにしましょう。保湿をすることで、剃った場所の乾燥を予防します。

剃った後の注意点

カミソリで剃った後は、まずカミソリをそのままお風呂に放置するのは絶対にやめましょう。

お風呂はカビ菌などの雑菌が大量に繁殖しているので、次にそのカミソリを使うと、肌に雑菌がついて炎症が起きやすくなります。

さらにカミソリでムダ毛を処理したあとは、湯船に浸かることは避けてください。

肌に小さな傷がついているので、細菌が傷口から侵入して腫れてしまうことがあります。

気をつけていてもカミソリ負けがおきてしまったら?

どんなに気をつけていても生理前の敏感なときや体調が悪いときはカミソリ負けが起きてしまいます。

カミソリ負けがおきてしまったときは、抗炎症作用のあるクリーム、特におすすめはオロナインなどを塗布するようにしましょう。

よく皮膚科で処方されるステロイドが配合されたクリームは、頻繫に使うと、使った場所にカビが生えてくるといった副作用があるので、使用するときは皮膚科医に相談するようにした方がいいでしょう。

できるだけ早めの脱毛がおすすめ

子供は大人よりも肌の水分量が少ないので、大人よりもカミソリ負けがおきやすく、肌のトラブルが起きやすくなります。

小さい頃から特にムダ毛が気になってカミソリでムダ毛を処理していると、毛穴も大きくなって、大人の女性になったときには、すごくきたない肌になってしまう可能性が高いです。

将来、素敵な男性に、アプローチするためにも子供のうちから、早め早めの脱毛がおすすめです。


>>痛くない子供専用脱毛サロン「ディオーネ」の詳細はこちらから<<

幼稚園や保育園のお子さんにおすすめ脱毛法

脱毛というと早くても小学生からの方がいいんじゃない?と思うお母さんも多いかもしれませんが、早い子供では3歳から脱毛をしている子供もいます。

決して幼稚園や保育園だからといって早すぎるというわけでもありません。

そんな幼稚園や保育園の子供にもおすすめの脱毛法についてご紹介します。

3歳でも子供のムダ毛が気になる

子供のムダ毛はやはり小さい年齢、3歳でも気になります。

生まれたときから背中には特に、産毛が小さいときはびっしりと生えていることが多いです。

成長するにつれて、徐々に薄くなっていくことが多いですが、そのまま背中の毛などが濃いまま成長することもよくあることです。

小さい子供でもお母さんは子供のムダ毛が結構気にしているという意見が多いのです。

小さい子供でもムダ毛が気になるお母さんの意見をご紹介します。

そのうち薄くなるとは言われたけど、、、

生まれたときから背中の産毛とか腕の産毛が気になっていたものの、周囲には生まれたばかりだから仕方がない、徐々に薄くなるから大丈夫という風にいわれていました。

でも幼稚園に入園してもいっこうに薄くなる気配もありません。本人はもちろん、気にする年頃ではないけど、他のママ友とかでこっそり陰で言われているのが気になっています。

プールや肌の露出のたびに気になる

暑い季節になって、子供には嬉しいプール開きがありました。水着を準備して、とても楽しそうなのですが、やっぱり濡れたときにタオルで服たびに結構、毛深いと幼稚園の先生に思われてなとちょっと心配していたりします。

夏は露出の多いヒラヒラしたかわいい服を着せたりするのですが、特に肩の部分のムダ毛が全然薄くならないので、このままなのかなと感じています。

幼稚園や保育園の子供のムダ毛処理はした方がいい?

小さい子供をもつお母さんたちもムダ毛が気になる場所はそれぞれですが、やはり気になるという意見が結構多いです。ではムダ毛が気になったときはムダ毛処理はした方がいいのでしょうか?

カミソリや毛抜きでするならしないほうがいい!

子供のムダ毛が気になりすぎて、カミソリや毛抜きをつかってムダ毛処理をしてしまうお母さんが中にはいます。

ですが、もし、カミソリや毛抜きを使ってムダ毛処理をするのであれば、絶対に何もしない方がいいです。

特に幼稚園や保育園の年齢の子供の肌は小学生よりも敏感です。

肌のバリア機能も未熟ですので、カミソリ負けから、広範囲に炎症を起こしてしまう可能性もあります。

毛抜きも痛みが伴うので、子供にとってトラウマになってしまうこともあります。

気にしてムダ毛処理をしたい気持ちはわからなくもないですが、カミソリや毛抜きを使ったムダ毛処理はやめておきましょう。

基本的にはしなくてもいいけど、、、

自宅でできるムダ毛処理は子供の肌トラブルを考えると、ないというのが一般的です。

子供のムダ毛は徐々に薄くなっていくので、基本的には、何もしない方がいいでしょう。

ただ、やはり小さい子供のときムダ毛が多く、そのまま薄くなる子供もいますが、そのままの場合の子供も多いです。

基本的にはムダ毛処理はしない方がいいですが、やはり、女の子だと気になってしまうのが、ママの心理だと思います。

子供はもちろん、お母さんが気になるなら脱毛はすべき

小さいうちはあまり、子供自体がムダ毛を気にするということはないですが、それでも、子供の中には特に幼稚園の年長さんにもなると、ファッションなどを意識してムダ毛を気にする子供も増えてきます。

また、やはり小さい子供のムダ毛が一番気になるのはお母さんです。

周囲の目が気になって、でもカミソリや毛抜きを使ってムダ毛処理ができないとなると、気持ちがモヤモヤするようであれば、将来、子供のメリットになることが非常に多いので、お母さんが気になるのであれば、脱毛はすべきといえます。

ママ友にムダ毛多いねという一言がトラウマになることも

子供のムダ毛を気にするきっかけの1つにママ友のささいな言葉が挙げられます。

普通に子供同志を遊ばせていたときに、うちの子ムダ毛多くて~でも○○ちゃんも多いから大丈夫だね!なんて言われてそれまで全然気にしてなかったお母さんが急に気になってお母さんのトラウマになってしまうこともあります。

気にすると、ずっと気になる

やっかいなことに子供のムダ毛は気にするとずっと気になります。

気にしないようにしているつもりでも、やはり毎日、お母さんがお風呂にいれてあげるので、お子さんのことも大切ではありますが、お母さんが気になるのであれば、いろいろなメリット、デメリットを検討したうえで、脱毛をするのは、決して悪いことではなく、むしろ、子供の将来的にはメリットが非常に大きいのです。

一番幼稚園や保育園の子供におすすめの脱毛は?

幼稚園や保育園の子供に一番おすすめの脱毛法は肌の負担が小さい、光脱毛です。

光脱毛ってどういった脱毛法なのか、ご紹介します。

安全面でも脱毛サロンでの脱毛が一番!

安全面でも、脱毛サロンで受ける光脱毛がおすすめです。

子供にも脱毛を行っているサロンであれば、全く痛みのない脱毛を受けることも可能です。

しかも脱毛のプロがしっかりとお肌のことまで考えて施術を行ってくれるので、安心して小さい子供でも脱毛を受けることができます。

おすすめのサロンは?

テレビでも紹介された子供の脱毛を受けることができるサロン、「ディオーネ」がおすすめです。子供は断られるサロンも多いのですが、ディオーネは子供のための脱毛を行っています。

しかも今まで、肌トラブルをおこしたことはない、0という安心の実績を誇っています。

幼稚園や保育園の子供でも安心して施術を受けることができます。

幼稚園や保育園の子供に脱毛は早いかもと思っているお母さんがいたら、まずはディオーネの無料カウンセリングがおすすめです。

無料カウンセリングで納得してやっぱりやめることもできますし、納得して受けさせたいと決めたのであればその場で痛みが感じないかどうかを体験できます。

ぜひずっと子供のムダ毛で悩み続けているなら、まずはディオーネの無料カウンセリングを受けてみることから始めてみてくださいね。


>>痛くない子供専用脱毛サロン「ディオーネ」の詳細はこちらから<<

小学校低学年のお子さんにおすすめ脱毛法

小学校に入学すると、新しいことの連続です。
そんな小学校の低学年のお子さんの中では今や、脱毛が当たり前になりつつあります。

子供がお母さんにムダ毛が気になる、お母さん自身も子供のムダ毛が気になるようであれば、ぜひ、小学校低学年のお子さんにおすすめの脱毛法をご紹介しますので参考にしてください。

小学生の低学年でも今や脱毛は普通

小学生の低学年だし、脱毛なんて早すぎると思っているかもしれませんが、そんなことはありません。

今や脱毛は小学生の低学年でも当たり前になってきています。

新学期は要注意!

新学期は特にムダ毛が気になる節目になるので注意が必要です。

子供たち自身が新しいことにチャレンジし、人間関係でもドキドキする時期ですので、見た目が特に気になってきます。

ちなみに小学生の低学年のお子さんにアンケートをしたところ、なんと10パーセントもの子供が自分のムダ毛が気になると回答しているそうです。

ただでさえ、今は小学生の低学年でもLINEなどのSNSでのいじめが話題となっていますので、人間関係は保護者にとっても深刻な悩みです。

新学期はそういった節目ですから、ムダ毛の悩みを早め早めに解決してあげることが大切です。

最近の子供は成長が早い

小学生の低学年でも子供の成長は早く、ワキ、スネ、腕のムダ毛が気になる子供は増えてきています。
大人の女性と悩みは変わらないのです。

ですので、子供によってはお母さんに内緒で、コンビニなどで、カミソリや毛抜きを買ってムダ毛の処理をしている小学生の低学年の子供も多いのです。

さらに産毛がもともと濃いという子供も多いので、プールなどの授業では目立つので、そういった子供独自のムダ毛の悩みもあります。

最近の子供は成長が早いですので、小学生の低学年だからといって、子供だからという理由は通用しないのです。

小学生の低学年の子供にやってはいけないムダ毛処理

では子供のムダ毛処理はどうすればいいのでしょうか?

まずはおすすめできない、やってはいけないムダ毛処理をご紹介します。

脱毛クリームはおすすめできない

小学生の低学年の子供はまだ肌が大人のように強いわけではないので、脱毛クリームはおすすめできません。

皮膚へのダメージはカミソリよりも弱いと言われていますが、化学薬品で毛を溶かすものですので、子供によってはアレルギー反応がでて、皮膚に痛みや発疹といった症状がでることがあります。

中には子供に使用してもいいものも販売されているようですが、基本的に薬局などで購入することができる脱毛クリームのほとんどは、取扱説明書をきちんと読んでいると、子供への使用は控えるように記載されています。

ですから、安全面でも脱毛クリームはおすすめできません。

毛抜きは痛いのでやめましょう

毛抜きも簡単でやってしまいがちなムダ毛処理法ですが、特に小学生の低学年の子供にはやめておきましょう。

毛を抜くことで、痛みが伴い、子供にとってトラウマになってしまう可能性が高いです。

また小学生の低学年の子供のムダ毛は産毛で大人のムダ毛と比べて、毛が細く、弱弱しいため、毛抜きではしっかりとつかめないので、途中でちぎれてしまうリスクが高く、埋没毛になりやすいです。

肌トラブルの面でも、毛抜きでのムダ毛処理は小学生の低学年の子供にはおすすめできません。

小学校低学年の子供の脱毛で大切なこと

小学校低学年の子供の脱毛で大切なことがあります。脱毛を考えるときは以下のことをよく考えることが保護者には必要です。

子供の負担にならないこと

小学校低学年の子供で毎日、ムダ毛処理をしているのはとても大変です。

カミソリを仕方なく使う場合もありますが、子供に処理をさせるのはケガの危険もありますから、保護者がしてあげることが大切です。

ムダ毛処理はできれば、子供でも安全にできる、子供にとって負担にならないことが大切です。

そのうえで、できれば保護者の負担にもならないことが望ましいです。

痛みがないこと/h3>

子供の肌は大人の肌と比べてまだまだ刺激に弱く、カミソリや毛抜きの刺激はとても強く感じます。カミソリ負けを起こしやすく、毛抜きによる肌の炎症も起きやすいです。

どんなに脱毛効果の高い家庭用の脱毛器でも子供が使用するときに、痛みがあっては継続することができません。

脱毛の効果をしっかりとだすためには、継続的に使用することがポイントとなります。

痛みがないことで、小学校低学年の子供は、 継続的に脱毛をすることができます。

子供の脱毛をしっかりと考えていくのであれば、痛みがないことも非常に重要なポイントになってくるのです。

小学校低学年の子供におすすめの脱毛は?

それでは小学校低学年の子供におすすめの脱毛法はどういったものがあるのでしょうか?

どうして小学校低学年の子供に脱毛サロンの施術がおすすめなのか?そしておすすめのサロンにはどういったものがあるのかご紹介します。

子供も通える脱毛サロンでプロの施術がおすすめ

小学校低学年の子供におすすめなのは、子供も通うことができる脱毛サロンです。

どうして子供も通うことができる脱毛サロンがおすすめかというと、大人の女性が通うような大手脱毛サロンは子供の脱毛に対応していないことが多いからです。

また対応していても、子供の脱毛をしている経験と実績がないと、子供の対応がよくないことがあります。

子供もやっとの思いで脱毛サロンに通っているのに、心無い言葉で傷つけてしまったりするようなお店も中にはあります。

ですが、子供にとってムダ毛の悩みは大人並みにもしくは、それ以上深刻だったりします。

きちんと子供のことを考えて施術をしてくれる子供も通える脱毛サロンであれば、そういった精神的な面にも、心遣いをしてくれます。

もちろん、子供に施術を行いますので、プロがより慎重に、施術を行ってくれるという面でも子供が通っている脱毛サロンがおすすめなのです。

小学生の低学年の子供におすすめの脱毛サロンは?

小学校低学年の子供におすすめの脱毛サロン、それは「ディオーネ」です。

ディオーネは子供を対象とした脱毛を行っている数少ない脱毛サロンです。

そもそも多くの脱毛サロンは成人女性を対象にしているのは、肌の違いにあります。

大人の女性よりも、子供の方が、肌が弱いので、肌トラブルのリスクが上昇してしまうといった特徴があります。

ですが、ディオーネは、お肌の弱い子供の脱毛もしっかりとやってくれます。

ディオーネは子供の弱い肌のためにハイパースキン法といった独自の技術を取り入れているので、子供の脱毛を安全に行うことができます。

このハイパースキン法はお肌の弱い子供のために開発された特殊な技術で、毛を高熱で処理して生えてこないようにする一般的な脱毛とは違い、毛の種を予防する、全く新しい技術です。そのため、高熱をあてて、毛を処理必要がありません。

だから、痛みがなく、子供にも安心して施術を行うことができます。

だから、子供の脱毛を、自信をもって行うことができます。

しかも、ディオーネは脱毛を始めてから、この10年以上、肌トラブルを一切おこしたことがありません。敏感肌で断られてしまった女性でも、脱毛を行っているにも関わらず、肌トラブルを一切おこしたことがない、正真正銘、子供も安心して脱毛の施術を受けることができるサロンなのです。

脱毛業界では子供の脱毛を取り扱っているのはリスクの面でもとても珍しいのですが、脱毛に自信があるからこそ、ディオーネは子供の脱毛をやっています。

だから小学校低学年の子供におすすめの脱毛は、ディオーネでの脱毛です。

でもなかなか最初はサロンの雰囲気や本当に子供が安心して施術を受けることができるのか不安だと思います。

ですので、まずはディオーネの無料カウンセリングを受けるのがおすすめです。

無料カウンセリングを受けて納得したうえで、本当に痛みがないかどうか体験することができます。

万が一、納得しない場合はもちろん、ディオールで脱毛を受ける必要はありません。ぜひ、子供のためにも、まずはディオーネの無料カウンセリングを受けてみてあげてくださいね。


>>痛くない子供専用脱毛サロン「ディオーネ」の詳細はこちらから<<

小学校高学年のお子さんにおすすめ脱毛法

小学校高学年にもなると、思春期に入ってより子供は大人へと成長していく時期になっていきます。

体も大人の女性へと変化していく時期です。

そんなときにやはり気になってくるのが、ワキなどのムダ毛です。

体は変化していくのに、周りの男子は子供のままですので、体操着のときのムダ毛をからかったりする子もいます。

思春期で、多感な時期にこういった心にもない、ムダ毛のことをからかわれると、そのあとの一生のトラウマになってしまうこともあります。

そういった女性らしくなってくる小学校高学年の子供のためにもおすすめの脱毛法やおすすめできないムダ毛の自己処理についてご紹介します。

小学校高学年はムダ毛が生えてくる時期

小学校高学年になると、成長の早い女の子では生理などが始まってきます。

女性ホルモンが急激に変化するので、ムダ毛が急に増えてしまったり、ワキの毛もしっかりと生えてくるようになります。

成長の速度は子供一人一人違うので、ムダ毛がすごい子とそうでないまだ子供の体型のままの子供もいます。

そういった変化が著しいことで周囲にムダ毛に関することでひどいことを言われたお子さんがかなりいるのです。

そういったリアルなママの声を一部ご紹介します。

急にワキ毛が生えていた

小学校の体操着の半袖は結構短いので、ドッヂボールなどで腕を思いっきりあげると、ワキが見えてしまいます。

低学年のときはムダ毛が生えてなかったので、気にせずボールを投げていたのですが、あるとき、男子に娘がボールを当てたときに、その男の子も気に入らなかったのか、ワキに毛が生えてるから、お前男子なんだな、といった悪口を言われたそうです。

それまで娘はワキのムダ毛を気にしてなかったのですが、からかわれてからしばらく、母親の私に黙って、私の引き出しにしまってあるカミソリでムダ毛を処理していました。

体操着も夏なのに上着をもっていくので、おかしいなと思って、聞いたら、素直に話してくれました。

もっと早く母親の自分が気づいてあげていればよかったと思っています。

最近の子供は成長が早い

最近の子供は成長が本当に早くて、知識もインターネットがあるので、知識もしっかりとあったりします。

女子の間で、やっぱり成長が早い子供は着替えのときに、そういった知識のあるクラスの中心の女子に、笑われたりするそうです。

クラスの中心の女子は知識もあるので、自分でムダ毛もしっかりとケアしていると自慢していたと、娘が言っているのを聞きました。

驚きですが、子供は親が思っている以上に、ムダ毛に対してきちんと調べているし、間違った方法かもしれないですが、ケアもしています。

小学校高学年の子供のムダ毛処理

小学校高学年の子供がムダ毛を気にしてきたら、親としてどうやって処理してあげればいいのでしょうか?

方法とやってはいけないムダ毛処理をご紹介します。

とりあえずはカミソリで対応する

後で紹介しますが、やはりおすすめは脱毛を受けることです。

ですが、明日は運動会、水泳などイベントが多いのが小学校高学年の子供です。

ですので、とりあえず、恥ずかしくないようにするためのムダ毛処理としてはカミソリが無難です。

ただし、カミソリは肌への負担が大きいですから、正しい使い方をしましょう。

カミソリによる肌のダメージをなるべく小さくするには、肌を温め、シェービングフォームを必ず使用し、毛の流れに沿って剃ることです。そして剃ったあとは必ず化粧水や乳液などで保湿をすることが大切です。

基本的には毎日の使用は肌のことも考えるとおすすめはできません。

明日はどうしても肌を露出してしまうというときにカミソリを使うようにしましょう。

毛抜きや脱毛クリームはやめておくべき

小学校高学年の子供のムダ毛が気になっても毛抜きや脱毛クリームの使用は控えた方がいいでしょう。

まず毛抜きは痛みが必ず伴います。
毛根を引っ張って抜くので、肌が傷ついてしまいます。

また小学校高学年の子供の毛はまだ太くなってきたとはいえ、大人よりも弱いため、ちぎれやすく埋没毛になりやすいです。

ですので、毛抜きはおすすめできません。

脱毛クリームも小学生に使用しても安全なものもありますが、基本的には市販の薬局で購入できるような脱毛クリームは肌への負担が大きいので、小学校高学年の子供にはおすすめできません。
使用して万が一肌のトラブルがおきても、使用をおすすめしないと記載されていれば、保証してくれません。

特に子供は肌が敏感ですので、脱毛クリームによる肌トラブルが大人よりも起きやすいのでなるべく使用は控えましょう。

小学校高学年の子供の脱毛で抑えておいて欲しいこと

小学校高学年の子供の脱毛で抑えておいて欲しいことがあります。

それは以下のようなことです。

子供が痛い思いをしないこと

痛い脱毛も世間には多いですが、子供は大人よりも痛みに敏感です。

ですので、もし痛いと言っているのに我慢してまで脱毛をするとなると精神的にかなりきついということです。

我慢にはいずれ限界がきます。脱毛は途中でやめてしまうと、効果が発揮できないものも多いので、継続することが大切です。

継続するために、痛みがないことが子供の脱毛においてとても重要になってきます。

ですから、子供の脱毛で抑えておいて欲しいのは、子供が痛い思いをしないでいいということです。

子供がきちんと協力してくれること

保護者はもちろん、子供自身もきちんと協力してくれることが脱毛の効果を発揮するのには大切です。

痛みがあったり、面倒だったりすると子供は、最初のうちは自分から相談してきたから協力的だったのに、投げ出してしまうこともあります。

ですので、子供がきちんと最後まで協力してくれるように、痛みがなく、面倒でない、子供に負担になりにく脱毛を選ぶことが大切です。

小学校高学年の子供のおすすめの脱毛法

お母さんにぜひとも知っておいてほしい、小学校高学年の子供におすすめの脱毛法があります。

それはディオーネの脱毛です。どうしてディオーネの脱毛がおすすめなのか、詳しく解説していきます。

子供も通えるプロの脱毛サロン、それがディオーネ

小学校高学年の子供におすすめの脱毛サロン、それは「ディオーネ」です。

小学校高学年の子供は女性ホルモンが変化してきて、肌がとても敏感になっている時期です。

ですが、そんな敏感な時期でもディオーネであれば脱毛が可能です。

ディオーネは子供を対象とした脱毛を行っている数少ない脱毛サロンで、なんと今まで、脱毛の施術によって肌トラブルを一切おこしたことがない、安全なサロンです。

ディオーネは子供の弱い肌のためにハイパースキン法といった独自の技術を取り入れています。そのため敏感肌の女性や子供にも安心して脱毛を行うことができます。

さらに小学校高学年の子供は大人の階段を上っている最中で、脱毛について中には、子供の心を傷つけるような対応をするサロンも子供専門ではないサロンではやってしまうところがあります。

ディオーネは子供の脱毛の実績が高いので、子供の対応もとても丁寧で、お母さんたちの信頼も厚いサロンです。

だからこそ、思春期の時期に入ってくる小学校高学年の子供にもおすすめのサロンです。

ディオーネは無料カウンセリングを受けることができるので、まずはサロンの雰囲気や実際に脱毛の施術を受けて痛みが本当にないかどうか、まずは確かめてみてください。

そして納得してから、お子さんと相談して、ディオーネで脱毛を受けるか決めてくださいね。


>>痛くない子供専用脱毛サロン「ディオーネ」の詳細はこちらから<<