小学校高学年のお子さんにおすすめ脱毛法

小学校高学年にもなると、思春期に入ってより子供は大人へと成長していく時期になっていきます。

体も大人の女性へと変化していく時期です。

そんなときにやはり気になってくるのが、ワキなどのムダ毛です。

体は変化していくのに、周りの男子は子供のままですので、体操着のときのムダ毛をからかったりする子もいます。

思春期で、多感な時期にこういった心にもない、ムダ毛のことをからかわれると、そのあとの一生のトラウマになってしまうこともあります。

そういった女性らしくなってくる小学校高学年の子供のためにもおすすめの脱毛法やおすすめできないムダ毛の自己処理についてご紹介します。

小学校高学年はムダ毛が生えてくる時期

小学校高学年になると、成長の早い女の子では生理などが始まってきます。

女性ホルモンが急激に変化するので、ムダ毛が急に増えてしまったり、ワキの毛もしっかりと生えてくるようになります。

成長の速度は子供一人一人違うので、ムダ毛がすごい子とそうでないまだ子供の体型のままの子供もいます。

そういった変化が著しいことで周囲にムダ毛に関することでひどいことを言われたお子さんがかなりいるのです。

そういったリアルなママの声を一部ご紹介します。

急にワキ毛が生えていた

小学校の体操着の半袖は結構短いので、ドッヂボールなどで腕を思いっきりあげると、ワキが見えてしまいます。

低学年のときはムダ毛が生えてなかったので、気にせずボールを投げていたのですが、あるとき、男子に娘がボールを当てたときに、その男の子も気に入らなかったのか、ワキに毛が生えてるから、お前男子なんだな、といった悪口を言われたそうです。

それまで娘はワキのムダ毛を気にしてなかったのですが、からかわれてからしばらく、母親の私に黙って、私の引き出しにしまってあるカミソリでムダ毛を処理していました。

体操着も夏なのに上着をもっていくので、おかしいなと思って、聞いたら、素直に話してくれました。

もっと早く母親の自分が気づいてあげていればよかったと思っています。

最近の子供は成長が早い

最近の子供は成長が本当に早くて、知識もインターネットがあるので、知識もしっかりとあったりします。

女子の間で、やっぱり成長が早い子供は着替えのときに、そういった知識のあるクラスの中心の女子に、笑われたりするそうです。

クラスの中心の女子は知識もあるので、自分でムダ毛もしっかりとケアしていると自慢していたと、娘が言っているのを聞きました。

驚きですが、子供は親が思っている以上に、ムダ毛に対してきちんと調べているし、間違った方法かもしれないですが、ケアもしています。

小学校高学年の子供のムダ毛処理

小学校高学年の子供がムダ毛を気にしてきたら、親としてどうやって処理してあげればいいのでしょうか?

方法とやってはいけないムダ毛処理をご紹介します。

とりあえずはカミソリで対応する

後で紹介しますが、やはりおすすめは脱毛を受けることです。

ですが、明日は運動会、水泳などイベントが多いのが小学校高学年の子供です。

ですので、とりあえず、恥ずかしくないようにするためのムダ毛処理としてはカミソリが無難です。

ただし、カミソリは肌への負担が大きいですから、正しい使い方をしましょう。

カミソリによる肌のダメージをなるべく小さくするには、肌を温め、シェービングフォームを必ず使用し、毛の流れに沿って剃ることです。そして剃ったあとは必ず化粧水や乳液などで保湿をすることが大切です。

基本的には毎日の使用は肌のことも考えるとおすすめはできません。

明日はどうしても肌を露出してしまうというときにカミソリを使うようにしましょう。

毛抜きや脱毛クリームはやめておくべき

小学校高学年の子供のムダ毛が気になっても毛抜きや脱毛クリームの使用は控えた方がいいでしょう。

まず毛抜きは痛みが必ず伴います。
毛根を引っ張って抜くので、肌が傷ついてしまいます。

また小学校高学年の子供の毛はまだ太くなってきたとはいえ、大人よりも弱いため、ちぎれやすく埋没毛になりやすいです。

ですので、毛抜きはおすすめできません。

脱毛クリームも小学生に使用しても安全なものもありますが、基本的には市販の薬局で購入できるような脱毛クリームは肌への負担が大きいので、小学校高学年の子供にはおすすめできません。
使用して万が一肌のトラブルがおきても、使用をおすすめしないと記載されていれば、保証してくれません。

特に子供は肌が敏感ですので、脱毛クリームによる肌トラブルが大人よりも起きやすいのでなるべく使用は控えましょう。

小学校高学年の子供の脱毛で抑えておいて欲しいこと

小学校高学年の子供の脱毛で抑えておいて欲しいことがあります。

それは以下のようなことです。

子供が痛い思いをしないこと

痛い脱毛も世間には多いですが、子供は大人よりも痛みに敏感です。

ですので、もし痛いと言っているのに我慢してまで脱毛をするとなると精神的にかなりきついということです。

我慢にはいずれ限界がきます。脱毛は途中でやめてしまうと、効果が発揮できないものも多いので、継続することが大切です。

継続するために、痛みがないことが子供の脱毛においてとても重要になってきます。

ですから、子供の脱毛で抑えておいて欲しいのは、子供が痛い思いをしないでいいということです。

子供がきちんと協力してくれること

保護者はもちろん、子供自身もきちんと協力してくれることが脱毛の効果を発揮するのには大切です。

痛みがあったり、面倒だったりすると子供は、最初のうちは自分から相談してきたから協力的だったのに、投げ出してしまうこともあります。

ですので、子供がきちんと最後まで協力してくれるように、痛みがなく、面倒でない、子供に負担になりにく脱毛を選ぶことが大切です。

小学校高学年の子供のおすすめの脱毛法

お母さんにぜひとも知っておいてほしい、小学校高学年の子供におすすめの脱毛法があります。

それはディオーネの脱毛です。どうしてディオーネの脱毛がおすすめなのか、詳しく解説していきます。

子供も通えるプロの脱毛サロン、それがディオーネ

小学校高学年の子供におすすめの脱毛サロン、それは「ディオーネ」です。

小学校高学年の子供は女性ホルモンが変化してきて、肌がとても敏感になっている時期です。

ですが、そんな敏感な時期でもディオーネであれば脱毛が可能です。

ディオーネは子供を対象とした脱毛を行っている数少ない脱毛サロンで、なんと今まで、脱毛の施術によって肌トラブルを一切おこしたことがない、安全なサロンです。

ディオーネは子供の弱い肌のためにハイパースキン法といった独自の技術を取り入れています。そのため敏感肌の女性や子供にも安心して脱毛を行うことができます。

さらに小学校高学年の子供は大人の階段を上っている最中で、脱毛について中には、子供の心を傷つけるような対応をするサロンも子供専門ではないサロンではやってしまうところがあります。

ディオーネは子供の脱毛の実績が高いので、子供の対応もとても丁寧で、お母さんたちの信頼も厚いサロンです。

だからこそ、思春期の時期に入ってくる小学校高学年の子供にもおすすめのサロンです。

ディオーネは無料カウンセリングを受けることができるので、まずはサロンの雰囲気や実際に脱毛の施術を受けて痛みが本当にないかどうか、まずは確かめてみてください。

そして納得してから、お子さんと相談して、ディオーネで脱毛を受けるか決めてくださいね。


>>痛くない子供専用脱毛サロン「ディオーネ」の詳細はこちらから<<

コメントを残す