脱毛シェーバーは?

カミソリはちょっとでも、時間がないという方に人気の脱毛シェーバーですが、子供には使っても大丈夫なのでしょうか?

メリットやデメリットについて詳しく解説していきます。

女性用脱毛シェーバーとは?

男性用の電動カミソリの女性専用のものが脱毛シェーバーと呼ばれています。

脱毛シェーバーと呼ばれたり、電動カミソリと呼ばれたり、さまざまな呼ばれ方をしています。ですが、言い方が違うだけで男性用の電動のひげそりと同じです。

ただし、男性の肌の方、が女性よりも強く毛も太いので、男性用のひげそりよりも、もっと女性専用の脱毛シェーバーの方が肌の負担が小さいように工夫されているものが多いです。

女性では手軽に広範囲にムダ毛が処理できるので、持っている方も多いです。

脱毛シェーバーのメリット

この脱毛シェーバーにはどんなメリットがあるのでしょうか?

カミソリで剃るよりも肌へのダメージが少ない

脱毛シェーバーは、カミソリ部分が肌に触れないように設計してあるので、手でカミソリを使ってムダ毛を処理するよりも、肌への負担がとても小さいというメリットがあります。

カミソリは手元が滑ったりすると、肌を切ってしまう可能性がありますが、安全面ではこの脱毛シェーバーの方が高いといったメリットもあります。

ただし、あくまでもカミソリよりは肌への負担が小さいというだけで、使い過ぎてしまうと、肌トラブルがおきます。

手軽に広範囲のムダ毛を処理できる

カミソリよりも手軽に電動なので、広範囲のムダ毛を処理することができます。

特に足や腕、ワキは時間がかかるので、脱毛シェーバーの方が早く、広範囲のムダ毛を処理することができます。

脱毛シェーバーのデメリット

カミソリよりもメリットが多い脱毛シェーバーですが、もちろんデメリットもあります。

デメリットには以下のようなものがあります。

肌トラブルがおきる

肌へのダメージがゼロというわけではないので、使用回数が増えればその分、肌へのダメージも蓄積しやすくなります。

また顔に使用すると、刺激が強すぎて女性の場合は痛みがでることがあります。
女性でも痛みがでる可能性があるので、子供はさらにリスクが高くなります。

一定期間で毛はまた生えてくる

カミソリよりは肌への負担が小さいだけで、結局はカミソリですので、時間がたつと、またムダ毛が生えてきます。

脱毛シェーバーの種類によって、どれくらいで毛が生えてくるかは差がありますが、安い脱毛シェーバーでは1日でまたチクチクと小さい毛が生えてきます。

脱毛シェーバーを使うときの注意点

カミソリよりも楽に広範囲のムダ毛処理ができるので、持っているという女性も多いです。

お子さんに仕方なく、この脱毛シェーバーを使わないといけない場合は、以下のようなことに注意して使用しましょう。

肌を清潔にして使用する

カミソリと同じなので、毛穴に雑菌が使うことで入ってくることがあります。

ですので、脱毛シェーバー自体はもちろん、肌もきれいな状態で使用しましょう。

入浴中や後は肌がやわらかくなっているので、肌に負担が少なくムダ毛処理が行えます。

お風呂に入るのが面倒なときは、蒸しタオルを使って、肌を温めてから使いましょう。

肌に脱毛シェーバーを押し付けない

脱毛シェーバーを押し付けてしまうと、カミソリ部分が肌に巻き込まれて、ケガをすることがあります。

基本的には安全装置がついていてケガをするリスクは低いですが、押し付けて使うのはやめましょう。優しく使うことが肌への負担を減らします。

逆剃りはだめ

毛の流れに逆らって剃る、逆剃りは肌への負担が大きくなり、しかも毛穴も大きくなってしまうリスクが上昇するので、やめましょう。

脱毛シェーバーがよくムダ毛を処理してくれるので、ついついやってしまう方もいますが、肌が傷つき、黒ずみなどの原因になってしまいます。

保湿をする

脱毛シェーバーでも、肌がダメージを負うので、乾燥しやすい状態になります。

ですので、使ったあとは必ず、化粧水や乳液を使って保湿をしましょう。
普段使っている化粧水や乳液で問題ありません。

子供の普段の自己処理には脱毛シェーバーは微妙

カミソリよりも肌への負担が小さいので、どうしても使いたいときは、子供に使ってもよさそうですが、商品によっては子供への使用は控えるように記載されているものもあります。

また電動でムダ毛を処理しますので、使い方を間違ってしまうと、肌トラブル以外の問題もおきてくる可能性もあります。

使用する場合は必ず、保護者の方が安全に配慮して使う必要があります。

こういったことを考えると、脱毛シェーバーは子供にはちょっと微妙というのが正直なところです。

脱毛シェーバーも結局は保護者の手間がかかる

大切なお子さんのためですから、一緒にムダ毛処理をしてあげたいという気落ちが強いお母さんも多いかと思います。

ですが、これが毎日のこととなると、時間が仕事や家事の関係で取れないというお母さんも多いかと思います。

脱毛は通う期間はかかりますが、そのあと、保護者の方が毎回、ムダ毛を処理してあげるという手間がかかりません。

中学生になれば自分でムダ毛処理はできますが、今度は子供にその負担がかかるだけです。

お母さんとしてはその時間を部活や勉強に使ってもらった方が有意義ではないでしょうか?

もちろん、いろんな考え方はあるかと思いますが、脱毛シェーバーはお母さんや子供の時間を使ってしまいます。

ですので、まだ中学受験、高校受験、大学受験などがない時間的に余裕がある小学生のうちから脱毛をしておくのが将来的におすすめといえるでしょう。


>>痛くない子供専用脱毛サロン「ディオーネ」の詳細はこちらから<<

コメントを残す