光タイプの脱毛機は使える?

大手のインターネット通販でも自宅で使える光脱毛器が購入できます。

大人であれば、光タイプの脱毛器を使うことができますが、子供にはどうなのでしょうか?

ネットで話題の光タイプの脱毛器についてメリット、デメリットそして、子供にはおすすめできるかどうかを詳しく解説していきます。

光タイプの脱毛器って何?

家庭用の脱毛器として人気なのが、光タイプの脱毛器です。

強い光を皮膚に照射することによって、ムダ毛の毛穴のところに作用して、ムダ毛が生えにくくなるようにするものです。

エステサロンで行う光脱毛よりも家庭用として販売されているので、安全性が高いのが特徴です。

簡単に使うことができるのも魅力の1つです。

ただし、電動カミソリなどと比較すると、少し値段が高くなります。

光タイプの脱毛器メリット

ネット通販で購入しようか悩んでいる方もいる光タイプの脱毛器ですが、どういったメリットがあるのでしょうか?

自分が好きなときに照射ができる

家庭用の光タイプの脱毛器のメリットは、自宅で好きなときに、照射をすることができるということです。

なかなかサロンに通って、時間を作って、脱毛をするのは大変という方が購入しています。

痛みがなく、ムダ毛を抑えられる

家庭用の光タイプの脱毛器は、エステの光脱毛よりも照射の強さを弱くしているので、痛みがほとんどないというものが多いです。

安全が第一ですので、痛みがなく、ムダ毛を抑えることができます。

カミソリや毛抜きは肌トラブルがおきやすいですが、正しい使い方をすれば、光タイプの脱毛器は痛みがなく、ムダ毛を抑えることができます。

光タイプの脱毛器のデメリット

光タイプの脱毛器のメリットをみてみると、デメリットなんてないんじゃない?と思ってしまいますが、残念ながらデメリットはあります。

まず一般にいわれている光タイプの脱毛器のデメリットにはどういったものがあるのでしょうか?

肌トラブルがゼロではない

安全性の高い光タイプの脱毛器といえども、やはり肌ダメージが完全に0というわけではありません。

説明書どおりに、最初は弱い照射レベルでないと、肌に火傷のようなトラブルがおきることがあります。

また肌のダメージの受け方は一人一人違いますので、子供によっては、一番小さい照射レベルだとしても、肌にトラブルがおきることもあります。

自分でペースを決めないといけない

自分で好きなときにできるのは光タイプの脱毛器の一番のメリットでもありますが、一番のデメリットでもあります。

というのも、自分でやらないと、脱毛効果を発揮しません。ちゃんと何月何日に照射をしてので、次の毛周期にあわせるとだいたい28日後の何月何日に次は照射しないといけないと、自分でスケジュールを組む必要があります。

ですが、強制力はないので、やらなくても、誰にも連絡がきたりすることはありません。

光タイプの脱毛器を購入したものの、やったのは最初の1回だけで、あとは一回も使用していないという方が大勢いるのも事実です。

大手のフリマアプリで気になる家庭用の光タイプの脱毛器を検索してみてください。
使わなくなった方が、定価よりも安くで売っているのが確認できるはずです。

このように、自分が決めて、自分でやるというにはダイエットと同じで、お子さんにやってあげようとしてもお母さんが時間を作ってあげて、一緒にやってあげないといけなくなります。

そのうち面倒、、と感じてしまうようになるのは仕方のないことです。

意外と高い

基本的にデリケートゾーン以外であれば、気になる場所のムダ毛を抑えることができるという家庭用の光タイプの脱毛器ですが、意外と高いというのもデメリットの1つです。

お子さんが全身脱毛をしたいという場合は別ですが、お子さんの多くは気になる箇所は腕や足、ワキなど、部分的でその箇所は少ないです。一か所だけ気にしているというお子さんも多いです。

一か所の脱毛だけであれば、この家庭用の光タイプの脱毛器の値段よりも、脱毛サロンでの脱毛の方が安いケースも多いです。

ですので、よく長く使えるからお得だと書かれているサイトもありますが、基本的には家電製品ですので、年数が経過するとともに劣化していきます。

ですので、特に安全面が気になるという方は、長期的にみて安いという判断はあまりされないほうがいいでしょう。

子供には光タイプの脱毛器は使える?

家庭用の光タイプの脱毛器のメリット、デメリットがわかったところで、子供にはこの光タイプの脱毛器は使用することはできるのでしょうか?

小学生は基本的には使えない

家庭用の光タイプの脱毛器はさまざまなメーカーから発売されていますが、基本的によく取扱説明書を読むと、子供には使用を控えるように記載されています。

安全面において、やはり光照射を行うので、肌の水分量が少ない子供、とくに小学生以下のお子さんには基本的には使用を控える方がいいでしょう。

自己責任で使用するのはいいですが、万が一トラブルが発生しても、メーカーは取扱説明書にきちんと記載していますので、保証してくれません。何かトラブルがおきたときは、保護者の方が責任をもって、医療機関を受診させなくてはいけません。

中学生なら大丈夫?

中学生なら大人に体型も近づいているし、いいのでは?と思う保護者の方もいますが、中学生も体の発達は個人差があるので、はっきり、使えるとはいえません。

まだまだ成長途中の段階ですので、あいまいな表現にはなりますが、家庭用の光タイプの脱毛器は中学生の使用はグレーゾーンといえるでしょう。

しっかりと脱毛したいなら、やっぱり子供専門の脱毛サロン

家庭用の光タイプの脱毛器はやはり、個人で責任をもって行うので、子供に基本的には使用はできません。

でも、しっかりと脱毛をしたいというのであれば、やはり子供の脱毛も行っている脱毛サロンでしっかりと脱毛するのがおすすめです。

脱毛のプロがしっかりと毛周期にあわせて予約をとって管理してくれるので、家庭用の光タイプの脱毛器を自分でやるよりも確実に効果は上です。

またもし何かトラブルがおきても、保証制度が充実している安全面でも、脱毛サロンの方がおすすめといえるでしょう。

お子さんの脱毛を真剣に考えているのであれば、安易にインターネット通販サイトで、光タイプの脱毛器を購入するのではなく、脱毛サロンの無料カウンセリングを受ける方がよいでしょう。


>>痛くない子供専用脱毛サロン「ディオーネ」の詳細はこちらから<<

コメントを残す